UNOウノでドロー2・4積み重ね禁止でドロー返しが出来ない?正式ルールではなかった模様

2019年5月4日にカードゲームUNO(ウノ)の公式Twitterが、ドロー2やドロー4を重ねて置くことを禁止することを発表して話題になっています。

ドロー2やドロー4が出された次のユーザーは、ドローカードを重ねて置くことができず指定された枚数のカードを必ず引く必要があるようです。

そして、ドローカード引いたユーザーはターンがスキップされるみたいです。

そこでこの記事では
「UNOの公式Twitterが発表した詳細」
「ドロー2・4積み重ね禁止でドロー返しが出来なくなる」
「ドロー2・4積み重ね禁止に対するみんなの反応」

について紹介しています。

UNO(ウノ)の公式Twitterがドロー2やドロー4の後に重ねることを禁止と発表!

こちらがUNOの公式Twitterが発表した、ドロー系カードの積み重ね禁止のツイートです。

世界的カードゲーム「UNO(ウノ)」が、ドロー4やドロー2の積み重ね禁止を正式に表明した。

大富豪をはじめとするトランプゲームと並び、修学旅行などの定番として親しまれる「UNO」だが、

自分の前の人にドロー2を出されたあと、ドロー2やドロー4を重ねて場に捨てていた人も少なくないだろう。

しかし、同社はこの行為がルール違反であることをTwitterにて発表。

ドロー系カードのあとに、ドロー系カードを出すことはできず、出された人はカードを引き、そのターンがスキップとなる。

「UNO」は、この事実を認識していた模様。

しかし、アクションカード(スキップやリバース)の複数枚捨て禁止や、

ワイルドドロー4のチャレンジ制度(ワイルドドロー4は手札に出せるカードがない場合にしか出せないため、ダウトの場合は出したプレーヤーがドローすることになる)など、

「UNO」にはまだまだ初心者が知らないであろう細かなルールが多数存在するのだ。

(引用:https://hypebeast.com/jp/)

このツイートには多くのユーザーがリプを送っており、

「ドロー4の上にドロー4を重ねるのは?」や「ドロー2の上にドロー2を重ねるのは?」

といったこれまで多くのユーザーが当たり前のようにやっていたことに対して公式Twitterは「No」と答えています。

これに対して、公式Twitterにルールを知らないと反論しているようです・・・

また、おそらくですが身内でやる時のルールでも適用されると発表しているようです。

UNOは世界大会も行われるそうなので、UNOの本気度が伺えますね。

 

ドロー2・4積み重ね禁止でドロー返しが出来ない?

ドロー2やドロー4の積み重ね禁止により、ドロー系カードを出された次のユーザーがさらにドロー系カードを出す「ドロー返し」が出来なくなることになります。

UNOと言えば、ドロー系のカードを連続して積み重ねて押し付けるのが楽しいという方もいるのではないでしょうか。

それゆえ、ドロー系のカードをいかに持っているかというのも重要だったりしますね。

しかし、今回の積み重ね禁止により醍醐味の1つが消えてしまうのは残念にも感じますが。

禁止することで、1人のユーザーが悲惨な目に遭うのは免れそうですが・・・

ただ、身内でやるのであれば楽しさを無くしてまでわざわざ積み重ねを禁止する必要もないのではと思いますね。

 

UNO(ウノ)の公式Twitterがドロー2やドロー4の後に重ねることを禁止と発表!についてのみんなの反応