ドラマ「小説王」4話見逃し配信無料動画の視聴方法!再放送ネタバレ感想も

今回は2019年5月13日に放送された

ドラマ「小説王」4話のネタバレと、動画を無料視聴する方法について紹介しています!

この記事では、
「ドラマ小説王4話の 無料視聴方法を知りたい!」
「ドラマ小説王4話の ネタバレを知りたい!」
「海外の危険サイトではなく安全なサイトで見たい!」
といった方に向けて書いております。

>>今すぐにドラマ「小説王」4話を無料視聴したい方はこちらから

ドラマ「小説王」4話の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ「小説王」4話は、フジテレビが提供する動画配信サービスサイトFODプレミアムなら安全に見る事が出来ます。

FODプレミアムは、Amazonアカウントで登録する事で最初の1ヶ月は無料体験が出来ます!

 

FODプレミアムの登録方法

まずは、FODプレミアムのサイトにアクセスします。

FODプレミアム公式サイト

 

そして、「Amazonアカウントで今すぐ無料お試し」からFODプレミアムに登録します。

 

Amazonアカウントでログインしたら、「次のページに進む」を押します。

 

最後に無料体験の内容を確認して、「購入確定」を押せば、FODプレミアムの1ヶ月の無料体験が出来ます!

 

※無料期間中にFODプレミアムを解約すれば、料金は一切かかりません。

FODプレミアムなら地上波放送よりも早く見れて、

さらにディレクターズカット版なので地上波では見れないオリジナルシーンも見れます!

 

ドラマ「小説王」4話を無料視聴する方法

  1. FODプレミアム公式サイトにアクセスする
  2. Amazonアカウントで「FODプレミアム」の1ヶ月無料体験に申し込む
  3. Amazon Payでクレジットカードを登録する
  4. 1ヶ月の無料期間内に解約する

※Amazonアカウントで新規登録(ログイン)しないとFODプレミアムの1ヶ月無料体験が出来ないので、気を付けてください。

 

更に、FODプレミアムなら2万本の動画見放題で、90作品以上の雑誌が読み放題な上に、今ならサイト内で利用出来る1300円分のポイントが貰えます。

 

ドラマ「小説王」基本情報

 

  • 番組名:「小説王」
  • 話数:1話~
  • OP:BALLISTIK BOYZ/「テンハネー1000%ー」
  • ED:BALLISTIK BOYZ/「PASION」
  • 出演者:白濱亜嵐、小柳友、桜庭ななみ他

 

〈登場人物〉

  • 吉田豊隆(白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)

小説家

 

  • 小柳俊太郎(小柳友)

新人編集者

 

  • 桜庭ななみ(晴子)

文壇バーの店

 

  • 松澤一之

吉田豊隆の父親

 

  • 梶原善(榊田)

編集長

 

  • 内山 光紀(西岡德馬)

大御所小説家

 

  • 小野ゆり子

小柳の妻

 

  • 森田甘路

焼鳥屋の店長

 

  • 六角 慎司(加藤)

副編集長

 

  • 池田 良

ファミレスの店長

 

  • 長見 玲亜

ファミレスの店員

 

  • 野々宮 博(須藤蓮)

人気小説家

 

(引用:https://www.fujitv.co.jp/)

 

4話「父子」ネタバレ

※ネタバレしているので見たくない方は飛ばしてください

豊隆は父親をテーマにした小説を書く気はないと断言して、俊太郎を殴ります。

しかし、その発言により内山からは小説家失格と言われてしまう。

殴られら俊太郎は、父親のテーマで書くべきだと豊隆を殴り返します。

それでも、豊隆は今書いている父親以外新作うならせてやると言います。

 

その後、豊隆の自宅で晴子にケガの手当てをしてもらいます。

豊隆晴子に、幼い頃に父親に捨てられ、深い傷となっており未だ向き合うことができないことを打ち明けます。

晴子は、自身も小さいことに小説家を目指していた時期があり、
「豊隆の父親をテーマにした本が読みたい」
と言います。

豊隆は
「父親と向き合う話なんて書けない・・・」
と言います。

また俊太郎は上司から、内山と同じテーマで競作しなければゴッドには掲載しないと言われてしまいます。

 

その後、豊隆は俊太郎の息子である悠と道で出会います。

悠は、両親がケンカするのが嫌で家に帰りたがらなかったようです。

すると豊隆は、悠を自分の家に案内します。

悠から授業参観で発表する作文で「家族」について書かなければならないのに、ケンカばかりの父と母のことは書けないと相談されます。

豊隆は「いっしょに作文を書こう」と誘います。

 

そこに、豊隆からのメールを見た俊太郎が慌ててやって来ます。

悠が豊隆の家にいるということで驚いたようです。

そこで俊太郎は、父親の作品じゃないと受け取らないと言います。

それでも、豊隆はそれ以外の作品で勝負すると言い返します。

 

 

その後、豊隆は俊太郎に連絡して新しい作品を渡しに行くと言います。

俊太郎は、ケリーにお詫びに行きます。

そこで悠の傘を渡されます。

悠(しずか)は

俊太郎は作品を受け取るのを拒みますが、豊隆は「ゴッドに載らなくてもいいから読んでくれ」

と言って去って行きます。

新作のタイトルは「オン・ザ・プラネット」

 

再び、悠は豊隆の家で作文を書き豊隆の父親のことを聞きます。

豊隆は、自身の子供の頃の話をしてあげます。

悠は豊隆の話を聞いて「お兄ちゃんのパパの話面白いよ!お兄ちゃんはパパのおかげで小説家になれたんだね」と言います。

豊隆は小学生時代に父親に褒められたことを思い出します。

 

その後、悠は

 

店長に小説家だったことを出して、嫌味ったらしく怒られてしまいます。

その後、バイト終わりに同僚の女性から家に行きたいと言われ案内するも、

あまりのボロさに引かれて帰られてしまいます。

すると、謎の男が吉田の家にやって来ます。

謎の男は吉田にお金をいくらかせびて、去っていきます。

 

小柳は、内山から自分の本を読みこんでいると褒められます。

すると内山は
「どういう本を作りたいか」
と小柳に聞きます。

小柳は
「吉田豊隆という作家と仕事がしたい」
と答えると、文壇バー「ケリー」の晴子の手が思わず止まります。

 

~4話fin~

 

4話を見たみんなの感想まとめ

 

 

まとめ

まとめ

  • 「小説王」4話の動画は無料視聴は出来る!
  • 「FODプレミアム」に登録すれば無料で見れる!
  • 「FODプレミアム」なら安全に無料視聴出来る!

 

 

あなたにおすすめの記事