令和の意味は?引用は万葉集の梅の花32首の序文から!全文も紹介

2019年4月1日に新元号
「令和」
が発表されました。

令和は万葉集からの引用だったようです。

どうやら万葉集の梅の花32首の序文から引用したみたいです。

そこでこの記事では、
「令和の意味」
「梅の花32首の序文の全文」
「令和を万葉集から引用したことに対するみんなの反応」
について紹介しています。

令和の意味は?引用は万葉集の梅の花の32首の序文から!全文も紹介

安倍首相は会見で

人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ

と令和に込められた意味を発表されています。

また

令和は
万葉集の梅の花の32首
から引用されたことが発表されています。

そして、こちらが万葉集の梅の花の32首の序文になります。

時、初春の令月(れいげつ)にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。

 

また、安倍首相は

「万葉集は、日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、

貴族だけでなく、防人や農民まで、幅広い階層の人々が詠んだ歌がおさめられ、

我が国の豊かな国民文化と、長い伝統を象徴する国書であります」

と語っています。

 

令和についてのみんなの反応