3年A組9話!影山を殺した真犯人は茅野ではない?やはりネット社会やSNSか

2019年3月3日に「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」9話が放送されました。

9話では、ついに柊が影山を殺した真犯人について語りました。

ただ、柊が犯人の名前を発言したところで無音になり真犯人は分からず。

しかし、最後に茅野が「玲奈を殺した犯人は私」

と衝撃発言。

真相は来週に持ち越されました。

そこでこの記事では、真犯人が「茅野」か「ネット社会」なのかネットでのみんな反応をまとめています。

※映画化が決定したようです。

「3年A組」9話のあらすじ

一颯(菅田将暉)と郡司(椎名桔平)の前に謎のヒーローが現れた――。

そして物語は一度時を変え、数年後の3月9日へ。

3年A組の生徒たちがそれぞれの人生を歩み、再びこの教室へと集まってきた。

懐かしむ一同の前には一枚、一颯の「遺影」が飾られていた。彼らが集まった理由。

それは、亡き一颯の三回忌であった――。

そこで、逢沢(萩原利久)が撮影してきた景山澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー映像の全容が流されることになる。

次々に明らかになる澪奈の真実。

その映像に映し出される澪奈の本当の想いとは――。

そして時は生徒たちが高校3年生である、元の3月9日へと戻る。

一颯は、郡司を人質にとった後、意識を失ってしまう。

SNSでは武智(田辺誠一)が澪奈を殺した犯人とされて炎上が続き、マスコミは武智を追いかける。

そんな中、ある人物が一颯が作ったフェイク動画をSNSに投稿する。

武智糾弾の流れはその動画により一颯真犯人説に形を変え、一斉に矛先を変えていく。

その状況を見つめていた生徒たちが狼狽する中、目を覚ました一颯が教室に現れる。

そして、一颯は3年A組に向かって、「全ての真実を話す授業」を始めることになる――。

ついに最終章を迎えた本作。誰もが「考える」第9話。衝撃怒濤の物語が大展開する。

(引用:https://www.ntv.co.jp/)

 

 

「3年A組」9話!影山を殺した真犯人はネット社会やSNS?

 

「3年A組」9話!影山を殺した真犯人は茅野?

 

「3年A組」9話!影山を殺した真犯人は茅野かネット社会か?についてのみんな反応

 

「3年A組」映画化決定!