R-1グランプリ2019決勝の日程と進出者・審査員は誰?歴代優勝・最多優勝者も紹介

お笑いピン芸人ナンバー1を決める大会「R-1グランプリ2019」が今年も開催されます。

ピン芸人のM-1とも言われており、これまでじゅんいちダビッドソンやハリウッドザコショウ、アキラ100%といった方が優勝されています。

2019は誰が優勝するのか気になるところです。

そこでこの記事では、
「R-1グランプリ2019決勝の基本情報」
「R-1グランプリ2019決勝の進出者と審査員」
「R-1グランプリの歴代優勝者と最多優勝者」
について紹介しています。

R-1グランプリ2019決勝の基本情報(日程と放送時間)

<strong>R-1グランプリ2019決勝の基本情報</strong>
  • 大会名:「R-1グランプリ2019」
  • 日程:2019年3月10日(日)
  • 放送時間:19:00~21:00
  • 放送局:関西テレビ・フジテレビ系列
  • 司会:雨上がり決死隊、三田
  • 出場者:こがけん、チョコレートプラネット松尾、松本りんす、ルシファー吉岡、三浦マイルド、河邑ミク、おいでやす小田、クロスバー直撃・前野、セルライトスパ大須賀、霜降り明星・粗品

〈トーナメント表〉

(画像引用:http://www.r-1gp.com/)

 

R-1グランプリ2019決勝の出場者

Aブロック

こがけん

  • 名前:こがけん
  • 本名:古賀 憲太郎(こが けんたろう)
  • 生年月日:

 

松尾 駿(チョコレートプラネット)

 

  • 名前:松尾 駿(まつお しゅん)
  • 生年月日:1982年8月18日(36歳)
  • 相方:

 

クロスバー直撃・前野

 

セルライトスパ大須賀

 

Bブロック

 

Cブロック

 

合わせて過去5年における決勝進出者と審査員も紹介しています。

歴代の決勝進出者(2014~2018年)

R-1グランプリ2014決勝進出者リスト

  • やまもとまさみ(優勝)
  • 馬と魚(2位)
  • レイザーラモンRG(3位)
  • ヒューマン中村
  • 中山女子短期大学
  • バイク川崎バイク
  • おぐ
  • スギちゃん
  • 小森園ひろし
  • TAIGA
  • じゅんいちダビッドソン
  • ミヤシタガク

 

R-1グランプリ2015決勝進出者リスト

  • じゅんいちダビッドソン(優勝)
  • マツモトクラブ(2位)
  • ゆりやんレトリィバァ(3位)
  • とにかく明るい安村
  • やまもとまさみ
  • エハラマサヒロ
  • ヒューマン中村
  • COWCOW 善し
  • 厚切りジェイソン
  • アジアン 馬場園
  • あばれる君
  • NON STYLE 石田

 

R-1グランプリ2016決勝進出者リスト

  • ハリウッドザコシショウ(優勝)
  • 小島よしお(2位)
  • ゆりやんレトリィバァ(3位)
  • エハラマサヒロ
  • 厚切りジェイソン
  • 横澤夏子
  • とにかく明るい安村
  • マツモトクラブ
  • シャンプーハットこいで
  • おいでやす小田
  • ルシファー吉岡
  • サンシャイン池崎

 

R-1グランプリ2017決勝進出者リスト

 

R-1グランプリ2018決勝進出者リスト

 

歴代の審査員(2014~2018年)

2014年 六代 桂文枝 関根勤 天野ヒロユキ 清水ミチコ 木村祐一 ラサール石井
2015年 六代 桂文枝 関根勤 天野ヒロユキ 勝俣邦和 板尾創路 ——
2016年 関根勤 ヒロミ 清水ミチコ 板尾創路 間寛平 ——
2017年 六代 桂文枝 関根勤 清水ミチコ ヒロミ 板尾創路 ——
2018年 六代 桂文枝 関根勤 久本雅美 陣内智則 ヒロミ ——

 

R-1グランプリ歴代優勝者を紹介!最多優勝はまさかのあの人

R-1グランプリは2002年の第1回大会からこれまで16回行われています。

優勝者 エントリー数
第1回大会 だいたひかる 351名
第2回大会 浅越ゴエ 609名
第3回大会 ほっしゃん。 1239名
第4回大会 博多華丸 1761名
第5回大会 なだぎ武 2183名
第6回大会 なだぎ武 2731名
第7回大会 中山功太 3400名
第8回大会 あべこうじ 3539名
第9回大会 佐久間一行 3572名
第10回大会 COWCOW多田 3612名
第11回大会 三浦マイルド 3684名
第12回大会 やまもとまさみ 3715名
第13回大会 じゅんいちダビッドソン 3751名
第14回大会 ハリウッドザコショウ 3786名
第15回大会 アキラ100% 3792名
第16回大会 濱田祐太郎 3795名

これまで複数回優勝したことがあるのは、第5・6回大会を連続優勝した❝なだぎ武❞ただ1人です。

しかも、連続優勝も❝なだぎ武❞しか成し遂げていません。

確かに当時はピンとしても面白かったですし、友近とも組んでディラン・キャサリンのコンビもありましたね。

今となっては有名な大会ですが、第1回大会の頃はエントリー数はたったの351名。

今では考えられないくらい少ないですが、当時は知名度もなく仕方なかったのかもしれません。

ですが、回数を重ねるごと知名度も上ってゆき、昨年行われた第16回大会では史上最多のの3795人がエントリーするなど大規模なお笑い大会になっています。

優勝すれば500万円とスペシャル番組の出演が確約されてる上、翌日からいろんな番組に引っ張りだこになるだけあってピン芸人にとってはM-1と同じぐらい価値があると感じているかもしれません。

 

まとめ

2019年のR-1グランプリは開催されます。