梅宮辰夫ガリガリ画像がヤバい!梅宮アンナと中日立浪和義の不倫とは?

2019年12月12日に俳優の梅宮辰夫さんが亡くなったニュースが話題になっています。

12日の朝に神奈川県内の病院で亡くなられたそうです。

梅宮辰夫さんはこれまで6度にわたってガンを患っており、昨年テレビ番組に出演した時にはガリガリになった姿が注目されました。

また、娘である梅宮アンナさんと元中日の立浪和義さんと不倫騒動の真相についても紹介しています。

【画像】梅宮辰夫さんが亡くなる!激ヤセガリガリ姿がヤバい!

梅宮辰夫さんが亡くなられた記事の詳細がこちらです。

俳優の梅宮辰夫さん(81歳)がけさ7時40分、神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなった。

梅宮さんは去年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受けていた。

梅宮さんは2016年に十二指腸乳頭がんを患い、これまでに6度のがんを経験したことを長女のアンナさんが明かしていた。

梅宮さんは東映のニューフェイスとしてデビューし、俳優やタレントとして活躍。

また実業家や料理家としても知られていた。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00010001-abema-ent)

梅宮辰夫さんは俳優として1960年~90年代に数多くの映画やテレビドラマに出演されて活躍されました。

「辰兄(たつにい)」の愛称でも知られています。

代表作品は「番長シリーズ」や「仁義なき戦い」などがファンの間では印象に残っていることでしょう。

最近はバラエティ番組に多く出演しており、特に若者の間では、ロバート秋山さんの体モノマネやガキ使の「笑ってはいけないシリーズ」の刺客として何度も登場していた人物としての印象が強いかもしれません。

ちなみに梅宮辰夫さんは秋山さんに「俺が死んでもモノマネをやってくれ」と言ったそうです。

梅宮辰夫さんは2012年に初めてガンを発症してから、これまで6回もガンを患っていたそうです。

今年1月に尿管がんの手術を受けてからは、週3で透析治療を受けていたそうです。

また2018年の年末にテレビ番組に出場した時には、「ガリガリ・激ヤセ姿」が注目されていました。

画像からは頬がヤセこけているのが分かりますね。

がんによる闘病生活の影響が出ていたと思われます。

潜在写真と比べるとその差は明らかです。

12日の朝は、クラウディア夫人が異変に気付いて救急搬送されたそうですが帰らぬ人となったそうです。

 

梅宮アンナと元中日立浪和義の不倫騒動とは

梅宮辰夫さんが亡くなったことで梅宮アンナさんへの注目も集まることでしょう。

梅宮アンナさんについて調査すると
中日・立浪和義
といった予測変換が出てきます。

これは過去に梅宮アンナさんと立浪和義さんが不倫していたことを週刊誌に報じられていたのです。

2008年ごろに週刊誌梅宮アンナさんが立浪和義さんと不倫関係にあったことを報じられています。

アンナと立浪選手とは、昨年まで3年間に渡り不倫関係にあったとされる。

(引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_200809_post_979/)

立浪和義さんは妻子がいたにもかかわらず、梅宮アンナさんと不倫。

さらに、妻と別れて梅宮アンナさんと結婚することも考えていたようです。

「立浪選手が梅宮パパのところまで挨拶に来て”妻と別れます……”と、一度はアンナとの結婚を約束したのに、最後は裏切られ捨てられたと、立浪選手に対して激怒しているというんですよ」

しかし、梅宮アンナさんの金遣いが荒かったことから立浪和義さんが愛想をつかしたと言われています。

「実は立浪も当初はアンナと結婚をしたい、と真剣に考えていたようです。

しかし、彼女の金銭感覚や浪費ぶりについていけず、別れる決意をしたのではないかと囁かれていますね」

梅宮アンナさんに長女がおり、また梅宮アンナさんがブランド品を買い漁っていたため、生活費が月に300~400万円もかかると言われていたそうです。

立浪和義さんは当時現役選手だったとはいえ、これが今後も続くと破綻すると考えて身を引いたのかもしれませんね。

 

梅宮辰夫が亡くなった事に対するみんなの反応

やはりTwitterでは梅宮辰夫さんの訃報に対して悲しむ声が多く見られました。

往年のファンからは「松方弘樹さんに続いて梅宮辰夫さんもか・・・」といった声もありました。

また、若年層ではガキ使や秋山さんとの共演が見れなくなる事を残念に感じる声がありました。

こういった声を見ると、梅宮辰夫さんは老若男女から愛されていた方だったことが伺えます。

 

あなたにおすすめの記事