豊田利晃経歴プロフィールと結婚して妻嫁子供はいる?将棋奨励会退会の理由は?

東京都内の自宅で拳銃を所持していたとして、

映画監督の
豊田利晃」容疑者
が逮捕されて話題になっています。

豊田利晃容疑者は、お笑い芸人又吉直樹さん原作の「火花」の脚本や監督を担当されていました。

また、豊田利晃容疑者は結婚して妻や子供はいるのでしょうか

そこでこの記事では、
「豊田利晃の経歴とプロフィールについて」
「豊田利晃は結婚して妻や子供はいるのか」
「豊田利晃と将棋奨励会とは」
について紹介しています。

火花の脚本を担当した映画監督豊田利晃が拳銃所持で逮捕される!

東京都内の自宅で拳銃を所持していたとして、

警察は、映画「火花」の脚本を担当した映画監督の男を逮捕した。

逮捕されたのは、東京・狛江市の映画監督・豊田利晃容疑者(50)で、

都内の自宅で拳銃1丁を所持していた疑い。

警察は、豊田容疑者の認否を明らかにしていない。

別の薬物関連の事件で、厚労省麻薬取締部と静岡県警が合同で捜査していて、

18日に自宅を家宅捜索したところ、拳銃を発見したため、豊田容疑者を逮捕した。

豊田容疑者は、お笑い芸人の又吉直樹さん原作の映画「火花」で脚本を担当していたほか、

数々の映画の監督や脚本を務めていた。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

(画像引用:FNN)

自宅で拳銃を所持していたとして、豊田利晃容疑者が逮捕されています。

豊田利晃容疑者の逮捕は初めてではないみたいです。

というのも、2005年に覚せい剤取締法違反・所持の疑いで逮捕されており、

その時には執行猶予付きの有罪判決を受けているようです。

今回もマトリと静岡県警が家宅捜索したところ、拳銃が見つかり逮捕にいたったようです。

元々は薬物使用の疑いがあったということでしょう。

豊田利晃容疑者は、ピエール瀧や新井浩文と関わりもあったようです。

もしかしたら、ここから芋づる式で逮捕ということも考えられますね。

 

豊田利晃の経歴とプロフィール

(画像引用:FNN)

プロフィール
  • 名前:豊田 利晃(とよだ としあき)
  • 生年月日:1969年3月10日(50歳)
  • 出身地:大阪府 大阪市 東成区
  • 職業:映画監督
映画監督・脚本作品

  • 「王手」(1991年)
  • 「ビリケン」(1996年)
  • 「ポルノスター」(1999年) 監督・脚本
  • 「アンチェイン」(2001年) 監督・撮影
  • 「青い春」(2001年) 監督・脚本
  • 「ナイン・ソウルズ」(2003年) 監督・脚本
  • 「空中庭園」(2005年) 監督・脚本
  • 「蘇りの血」(2009年) 監督・脚本
  • 「モンスターズクラブ」(2012年)  監督・脚本
  • 「I’M FLASH!」(2012年) 監督・脚本
  • 「クローズEXPLODE」(2014年) 監督
  • 「火花」(2017年) 脚本
  • 「泣き虫しょったんの奇跡」(2018年) 監督・脚本

豊田利晃容疑者は大阪府大阪市の出身です。

豊田利晃容疑者は21歳の時に助監督として映画界に入ります。

それまでは鉄工所やフリーライターなどをされていたみたいです。

映画界に入ってから3か月後に書いた「王子」の脚本が一発で採用され、

才能を認められたそうです。

そしてm1998年に渋谷の裏社会で正反対に生きる二人の若者を描いた

「ポルノスター」で初監督を務められます。

その後も2001年に、4人の実在のボクサーを5年間追い続けた映像をまとめた「アンチェイン」。

松本大洋の人気コミックを映像化した「青い春」。

2003年には9人の脱獄犯を描いた「ナイン・ソウルズ」。

2005年には主演に小泉今日子を迎えた「空中庭園」など様々なヒット作を手掛けられていたようです。

2014年には「クローズEXPLODE」、2017年には「火花」と人気作品を手掛けられています。

 

豊田利晃は結婚して妻と子供は?

豊田利晃容疑者は結婚しているのか調査したところ、

結婚についての情報はほとんど見つかりませんでした。

それゆえ、妻や子供についての情報についても分かっていません。

分かり次第みなさんに情報をお伝えしたいと思います。

ただ、結婚して子供いれば今回の逮捕は大きなショックを与えたことでしょう。

 

豊田利晃の将棋奨励会退会の理由は?

豊田利晃容疑者は、小さいころは将棋棋士を目指してで関西奨励会に入会していたようです。

ちなみに、藤井聡太棋士も関西奨励会に入会されています。

ただ、同じ時期に入会した村山聖九段や、

永世棋聖資格者で日本将棋連盟会長である佐藤康光九段らの才能を見て限界を感じてしまったようです

それゆえ、17歳の時に関西奨励会を退会されたみたいです。

結果としては、後に映画監督としての才能を発揮するきっかけであったとも言えますね。

そして、2018年には将棋映画「泣き虫しょったんの奇跡」が公開されています。

豊田利晃容疑者は、退会後に将棋は指さないと決めていたそうですが、

2010年ごろに将棋棋士である瀬川晶司さんの自伝「泣き虫しょったんの奇跡」を読んで、

影響を受けたことから脚本の初稿を書き上げたようです。

その後、2017年に藤井聡太棋士の活躍により将棋ブームが押し寄せたことで公開されることになったみたいです。

奨励会の後輩の活躍が、豊田利晃容疑者の手掛けた将棋映画公開の後押ししたということですね。

 

火花の脚本を担当した映画監督豊田利晃が拳銃所持で逮捕される!についてのみんなの反応

あなたにおすすめの記事