東郷証券損失補填取締役の元巨人ドラフト1位投手は誰?林泰宏で顔画像経歴プロフィール

外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける東郷証券が顧客に損失補填を行った疑いが強まったとして、取締役の男性が金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)容疑で近く立件されるニュースが話題になっています。

東郷証券の取締役の男性は元巨人のドラフト1位投手だったようです。

東郷証券の取締役の男性が誰なのか気になります。

そこでこの記事では
「東郷証券の取締役の男性は林泰宏?」
「林泰宏の顔画像やプロフィールなど」
「東郷証券の取締役林泰宏に対するみんなの反応」

について紹介しています。

東郷証券が顧客に損失補填を行った疑いで元巨人ドラフト1位投手の取締役男性が立件へ!

外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける東郷証券(東京都港区)が顧客に損失補填(ほてん)を行った疑いが強まったとして、東京地検特捜部が、同社の男性取締役(57)を金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)容疑で近く立件する方針を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。

特捜部はすでにこの取締役らから事情聴取。

詰めの捜査を進めているもようだ。

取締役は元プロ野球選手で、昭和54年に投手としてドラフト1位で巨人に入団し、引退後は証券業界に転身。

親会社の代表取締役を務めており、特捜部は東郷証券の実質的な経営者で、損失補填を主導したとみている。

関係者によると、東郷証券はFXを行っていた複数の顧客に対し、損失の穴埋めをした疑いがあり、補填額が数千万円に上る顧客もいるという。

補填の原資は架空の外部委託費から捻出していたとみられる。

損失補填はバブル崩壊後、大手証券会社などで発覚し社会問題化。

平成3年に証券取引法(現金商法)改正で禁じられた。

違反した場合、3年以下の懲役か300万円以下の罰金、またはその両方。

証券取引等監視委員会の証券検査の過程で損失補填疑惑が浮上。

監視委が今年2月、同社本社など関係先を強制調査していた。

民間の信用調査機関などによると、東郷証券は平成14年、「サザインベストメント」として設立。

24年と26年に商号を変更し、29年4月から現社名に変更した。

インターネット取引手数料0円に挑戦するなどFX取扱業者のパイオニアとして知られる。30年3月期の売上高は約35億8千万円。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

 

損失補填について

顧客による有価証券の売買で発生した顧客の損失について、証券会社が補い埋めること。

金融商品取引法では第39条で金融商品取引業者と顧客の双方について、禁止行為として明記されている。

事前に証券会社等が損失保証を行うのは、投資者の自己責任原則に反し、証券市場の公正な価格形成機能を阻害することになるし、

事後的に損失補填を行うことは、証券会社の市場仲介者としての中立性、公平性、健全性に背く行為だからである。

顧客サイドに対しても禁止行為として明記されているのは、大口取引の条件として証券会社に損失補填を要求するような行為を抑止するためである。

(引用:https://kotobank.jp/)

 

東郷証券損失補填取締役で昭和54年(1979年)の巨人のドラフト1位投手は誰?

そして、元プロ野球選手で巨人のドラフト1位投手と言われている東郷証券の取締役の男性は
林泰宏」さん
であることが判明しています。

記事によると、昭和54年(1979年)に巨人からドラフト1位された投手であると言われています。

そこで1979年のドラフトを調査すると、林泰宏さんが巨人から1位指名されていることが分かりました。

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

個人的には岡崎郁さんと同期入団であったことが驚きでした。

また、林泰宏さんのwikipediaにも東郷証券の取締役であることが記載されていました。

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

上記の内容から、林泰宏さんで間違いありません。

 

林泰宏の顔画像と経歴プロフィール

(画像引用:https://matome.naver.jp/)

プロフィール
  • 名前:林 泰宏(はやし やすひろ)
  • 生年月日:1961年6月16日(57歳)
  • 出身地:熊本県
  • 身長/体重:183cm/78kg
  • 出身高校:市立尼崎高校(兵庫)
  • ポジション:投手
  • 投球/打席:右投げ/右打ち
所属球団

  • 1980年~83年:読売ジャイアンツ
  • 1984年:近鉄バファローズ
  • 1985年:横浜大洋ホエールズ
経歴

  • 1985年:小林洋行入社
  • 1993年:入や通商入社
  • 1997年:大雄社先物社の常務
  • 1999年:中堅証券会社萬成プライムキャピタル証券の取締役
  • 2005年6月~2006年2月:入や萬成証券の社長

林泰宏さんは熊本県出身で、高校は兵庫の市立尼崎高校に進学されます。

3年生の時にはエース・四番打者としての夏の甲子園県予選決勝に進出されますが、明石南高に0-1で敗れて甲子園を逃します。

そして、1979年のドラフト会議では巨人から1位指名されます。

速球とシュートやフォークが武器で、無名ながら将来のエースになる大器と宣伝されていたようです。

しかし、コントロールが悪く伸び悩み思った結果が残せないまま、1984年に近鉄にトレードされます。

近鉄では故障もあって本来の投球ができず、1984年にオフに自由契約となります。

しかし、オフに大洋の入団テストを受けて合格されます。

投球フォームを変えて再起をはかったようですが、故障が回復せず1985年のオフに自由契約になり、そのまま引退されたようです。

結局、1軍では1試合も登板せず引退されたようです。

引退後は、1985年に小林洋行に入社されて、その後いろんな会社を渡り歩き社長に就任したこともあったようです。

また、巨人時代に元アイドルの黒木真由美さんと結婚されて、後に離婚されています。

タレントの黒木マリナさんは、林泰宏さんの娘だそうです。

 

東郷証券が顧客に損失補填を行った疑いで元巨人ドラフト1位投手の取締役男性が立件へ!についてのみんなの反応

 

関連記事

 

あなたにおすすめの記事