2019年台風13号(レンレン)たまご米軍ヨーロッパと気象庁今後の進路予想!九州沖縄は注意?

2019年9月2日にフィリピンの東に発生していた熱帯低気圧が

発達して台風13号(レンレン)になったようです。

台風13号は勢力を強めながら北上して9月5日ごろには沖縄に接近していくようです。

台風13号の今後の進路予想などが気になります。

そこでこの記事では
「気象庁の台風13号の進路予想」
「米軍の台風13号の進路予想」
「中期ヨーロッパセンターの台風13号の進路予想」
「台風13号に対するみんなの反応」
について紹介しています。

2019年9月2日にフィリピンの東で台風13号(レンレン)が発生!

9月2日(月)9時、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧が台風13号(レンレン)になりました。

▼台風13号 9月2日(月)9時
存在地域   フィリピンの東
大きさ階級  //
強さ階級   //
移動     北西 20 km/h
中心気圧   1000 hPa
最大風速   18 m/s
最大瞬間風速 25 m/s

台風13号は、この先も発達しながら北上し、

9月5日(木)頃から強い勢力で沖縄に近づく可能性があります。

先島諸島では8月上旬に台風9号が直撃しましたが、

この台風も先島諸島に接近するおそれがあります。

台風の進路に近い地域では、暴風や大雨、高波に警戒してください。

また、沖縄付近を通過したあとは東シナ海を北上する見込みで、

週末以降、九州でも強風や高波の影響が出そうです。

台風が沖縄付近まで北上してきた場合、

台風の周囲をまわる湿った空気が本州付近に停滞する秋雨前線に流れ込み、

この活動が活発化する可能性があります。

上空の気圧の谷や前線の位置次第では、台風から離れた西日本などで大雨となるおそれもあります。

今後の情報に注意するようにしてください。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010416-weather-soci)

 

このようにフィリピンの東で発達中だった熱帯低気圧が

2019年9月2日に台風13号(レンレン)になったようです。

今後は、勢力を発達させながら北上していくようです。

特に沖縄や九州地方に住まれている方は今後の予想に

注意する必要がありそうです。

特に、九州地方ではこの前の記録的な大雨で

土砂災害や川が氾濫するなどの被害出ています。

地盤が緩んでいる所もあり、今回の台風の雨で被害が拡大する恐れもあるため

警戒が必要となるでしょう。

ちなみに「レンレン(Lingling)」とは香港が提案した名称で、

少女の名前が由来だそうです。

 

気象庁による台風13号(レンレン)の進路予想

気象庁の台風13号の進路予想は以下の通りです。

(画像引用:https://www.jma.go.jp/jp/typh/1913.html)

気象庁によると台風13号は4日~6日かけて沖縄に接近するようです。

また、現時点では暴風域は発生していませんが

今後発生した場合、沖縄県は間違いなく暴風域に入ると思われます。

(画像引用:https://www.jma.go.jp/jp/typh/typh_prob.html)

 

米軍による台風13号(レンレン)予想進路

米軍の台風13号の進路予想は以下の通りです。

(画像引用:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html)

米軍の予想では台風13号が発生しているのが

分かるかと思います。

 

中期ヨーロッパセンターによる台風13号(レンレン)予想

中期ヨーロッパセンターの台風13号の進路予想は以下の通りです。

(引用:https://matome.naver.jp/odai/2141476502525003401)

中期ヨーロッパセンターの予想だと

沖縄諸島を上陸しながら九州地方東部を通過して

日本海を北上する予想になっているようです。

 

2019年9月2日にフィリピンの東で台風13号(レンレン)が発生!に対するみんなの反応

あなたにおすすめの記事