秀明学園中学校火遊び退学16歳少年の名前と顔画像特定?斎藤憲次裁判長の大学経歴プロフィールも

埼玉県川越市の学校法人秀明学園が運営する秀明中学校に在籍していた16歳の少年が

寮で火遊びをして退学処分を受けて、学校相手に損害賠償を求めて訴訟で

さいたま地裁川越支部の斎藤憲次裁判長が学校に損害賠償の支払いを命じる判決を下して

話題になっているようです。

そこでこの記事では
「退学した16歳少年の名前や顔画像」
「斎藤憲次裁判長の顔画像や経歴プロフなど」
「判決に対するみんなの反応」
について紹介しています。

秀明学園(中学校)に在籍していた16歳の少年が火遊び退学の訴訟裁判で学園に約194万円支払い判決!

埼玉県川越市の学校法人秀明学園が運営する秀明中学校に在籍していた少年(16)が寮で火遊びをして退学処分になったのは違法として、

少年が学園に約277万円の損害賠償を求めた訴訟で、さいたま地裁川越支部(斎藤憲次裁判長)は

「退学処分は裁量権を逸脱し違法」として、学園に約194万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

判決は13日。学園は控訴している。

判決文によると、少年は2017年11月、拾ったライターを寮に持ち込み、数人と火遊びし、床を焦がすなどした。

学園側は「学校の秩序を乱し、生徒の本分に反した」として同月、

少年と友人を退学処分にしていた。

少年側は「判決では少年の成長ややり直しについて、学校全体の利害を超えて判断していただいた」と話した。

学園側は「訴訟については、全て代理人に任せている」としている。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

埼玉県川越市の学校法人秀明学園が運営する秀明中学校

秀明学園としては、学校の秩序を乱した生徒に適切な処分を下したのに

なぜ裁判で損害賠償を求められるのと思っているのかもしれません。

また、退学させられただけで約300万円を損害賠償を求めようと考えるのはどうかなと思いますが。

秀明学園としてはこの判決に納得いってないようで控訴しているようです。

この判決だったら二審判決で覆ることも十分ありえそうですね。

少年側としても例え損害賠償を手に入れたたとしても、

それまでに掛かった費用で手元にはお金がほとんど残らないようにも感じますが。

少年側が裁判を起こした目的が、金なのか秀明学園に対しての恨みなのか気になるところではあります。

 

秀明中学校の偏差値と場所

(画像引用:https://www.minkou.jp/)

秀明中学校は私立の学校で偏差値は49だそうです。

数値からすると勉強については普通の中学

ただ、中学校の偏差値については高校と違って参考にならない部分もあるでしょう。

また、秀明学園は中高一貫教育を導入されており、秀明中学校に入学したら

そのまま秀明高校にエスカレーター式に進学できると思われます。

さらに、秀明学園は寮も完備されていることから夕食後に午後9時までの夜間学習もあるようです。

(画像引用:http://shumei.ac.jp/)

 

秀明学園の場所

〒350-1175 埼玉県川越市笠幡4792

また、秀明学園は東京拘置所の造りと非常に似ているようで、

監獄とも言われているみたいです。

 

退学した16歳の少年の名前と顔画像

秀明中学校を退学させられて、裁判を起こした少年の名前や顔画像ですが

現時点では分かっていません。

20歳未満ですし、事件を起こしたというわけではないのでく、

また、プライバシーのことから公開されることはないでしょう。

分かっているのは、秀明中学校に在籍していて現在16歳の少年ということです。

退学した少年のプロフィール
  • 名前:不明
  • 年齢:16歳

 

斎藤憲次裁判長の顔画像大学経歴プロフィール

斎藤憲次裁判長の顔画像については、残念ながら現時点では分かっていません。

プロフィール
  • 名前:齊藤憲次
  • 生年月日:1956年12月5日(62歳)
  • 出身大学:東京大学
  • 職業:裁判官
  • 所属:さいたま地裁川越支部部総括判事・さいたま家裁川越支部部総括判事・川越簡易裁判事
経歴

  • 1991年:仙台地裁判事補
  • 1993年:東京地裁判事補
  • 1994年:東京地裁判事補・東京簡易判事補
  • 1996年:青森地家裁八戸支部判事補・青森地家裁十和田支部判事補・八戸簡裁判事
  • 1999年:東京地裁判事補・東京簡裁判事
  • 2001年:東京地裁判事
  • 2002年:広島地裁判事
  • 2004年:広島高裁判事
  • 2006年:奈良地家裁判時・奈良簡裁判事
  • 2009年:水戸地家裁土浦支部判事・土浦簡裁判事
  • 2012年:東京高裁判事・東京簡裁判事
  • 2015年:千葉
  • 2018年:さいたま地裁川越支部部総括判事・川越簡易裁判事

齊藤憲次裁判長は東京大学出身の方みたいです。

1991年に仙台地裁判事補として裁判官の仕事をスタートされたようです。

当時35歳だったということですが、大学を卒業していから長い間下積みを積んでいた

ということでしょうか。

もしくは、大学を卒業して企業に勤めて退社して裁判官を目指したのか。

いろんな事が考えられそうです。

斎藤憲次裁判長は1年前にさいたま地裁川越支部に異動になったようです。

今回の判決についてはいろいろと波紋を呼びそうですね。

過去に担当した裁判でも疑問が残る判決があったのか気になるところではあります。

 

秀明学園(中学校)に在籍していた16歳の少年が火遊び退学の訴訟裁判で学園に約194万円支払い判決!についてのみんなの反応

 

関連記事

鵜飼祐充(うかいひろみつ)裁判官顔画像経歴プロフィール大学は?娘性的暴行父親無罪でキャンペーンとは?

2019.04.18

 

あなたにおすすめの記事