【フル動画】世界陸上男子400mリレーバトンミスで失格!小池祐貴笑顔持ち方で失格の予言ツイートも?

2019年5月11日に行われた日本で開幕した陸上世界リレー大会で、男子400mリレーの予選が行われて日本がバトンミスで失格して話題になっています。

3走の小池祐貴選手からアンカーの桐生祥秀選手にバトンを渡す際にミスがあり、バトンが一瞬宙に浮いてしまい失格になったようです。

そして、ネットでは小池祐貴選手のバトンの持ち方が良くなかったとも言われているようです。

また失格を予言するツイートがあった?

真相はどうなのでしょうか。

そこでこの記事では、
「男子400mリレーののバトンミス動画」
「小池祐貴のバトンの持ち方が悪い?笑顔で失格の予言ツイートをしていた?」
「男子400mリレーののバトンミスに対するみんなの反応」
について紹介しています。

【動画】世界陸上男子400mリレーバトンミスで失格!3走の小池祐貴からアンカーの桐生祥秀に渡す際に宙に浮く

陸上世界リレー大会は11日、ドーハ世界選手権(9月開幕)の出場権を懸けて横浜・日産スタジアムで開幕。

男子400メートルリレーの予選が行われ、新布陣で3組に出場した日本は38秒59の3位でゴールしたが、失格となり、12日の決勝に進めなかった。

バトンパスで違反があった。3走・小池祐貴(23=住友電工)からアンカー・桐生祥秀(23=日本生命)でバトンパスを失敗。

地元で金メダルを狙ったが、まさかの予選落ちとなった。

3走・小池がバトンを渡すまでトップをうかがう好位置だったが、アンカー・桐生へのバトンパスでもたついた。

バトンが宙に浮く“お手玉”のような状態に。

桐生は何とかバトンを落とさなかったが、後ろを振り返る体勢になり、大きくタイムロスした。

桐生は各組2位までとタイム上位2位までが決勝進出。

日本は3着で2位までに入れず。

タイムで2組3位のトルコの38秒47、1組3位のジャマイカの38秒51に及ばなかった。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

そして、話題になっているバトンミスの動画がこちらです。

動画を見ていただければ、小池祐貴選手から桐生祥秀選手にバトンを渡す際に宙に浮いています。

どうやら、このバトンを小池祐貴選手がもう1度掴んで桐生祥秀選手に渡していれば失格にはならなかったようです。

結果としては、小池祐貴選手がバトンを投げて桐生祥秀選手に渡してしまったことになったようです。

また、フル動画はこちらです。

 

世界陸上男子400mリレーバトンミスで失格!3走の小池祐貴の持ち方が悪い?笑顔で予言ツイートも

そして、バトンミスについてネットで賛否両論されているようで、一部では小池祐貴選手のバトンの持ち方が悪いとの指摘があるようです。

2走の山県亮太選手からもらった時のバトンの持ち方があまりよくなかったようで、そのまま持ち方を変えることなく桐生祥秀選手に渡してしまったことでバトンミスが起きたとか。

とはいえコンマ1秒を争う世界ですから、持ち変える動作も走りながらは難しいのかもしれません。

また、バトンミスしたにもかかわらず小池祐貴選手が笑顔や笑っていることも批判されているみたいです。

こちらは実際に笑っていたのかは分かりませんが、映像の撮られ方が悪かったというのもあるかもしれません。

さらに、小池祐貴選手が失格の予言ツイートをしていたのではないかと言われています。

こちらに関しては、失格を予言していたのではなさそうです。

内容からして小池祐貴選手と桐生祥秀選手の仲がいいようにも感じますが。

小池祐貴選手からすると、自分が3走でごめんという意味だったのでしょうか。

気になりますね・・・

 

世界陸上男子400mリレーバトンミスで失格!に対するみんなの反応