ソフトバンクホークス応援団落球マーティンコール侮辱行為炎上動画!九州鷹狂会で千賀滉大ノーヒットノーラン

Twitterでプロ野球千葉ロッテマリーンズに所属する

マーティン選手の侮辱するかのようなコールを

ソフトバンクホークスの応援団がコールする動画が話題になっています。

この動画は2019年に9月6日の試合終了後に撮影されたようです。

ネットでも拡散されてソフトバンク側も動画について把握しており

応援団に対して厳重注意を行ったようです。

そこでこの記事では
「問題となっているマーティンへの侮辱コール動画」
「マーティンコールをしていたのは九州鷹狂会!」
「マーティンへの侮辱コール動画に対するみんなの反応」
について紹介しています。

【炎上動画】ソフトバンクホークス応援団が千葉ロッテのマーティンを侮辱するコール!

こちらが問題になっている動画です。

この動画は、試合終了後の応援団によるスタジアムでの

二次会で撮影されたようです。

この日はソフトバンクの千賀滉大選手がノーヒットノーランを

達成した試合でもありました。

試合は2-0でソフトバンクが勝利したのですが、

その2得点がセンターを守っていたマーティン選手のエラーが

原因による得点だったようです。

そのため、それを煽るかのように
いいぞいいぞ、マーティン
センター狙えホークス
とコールをしていいたようです。

実は、この日に登板したロッテの2投手の自責点はゼロ。

ホークスが2得点を挙げたのは、センターを守っていたロッテのマーティンが

5回と6回に2イニング続けて打球を落球したことが絡んでいた

マーティンは7月に緊急補強で来日してから出場37試合で10本塁打を放っているほか、

外野の守備では強肩で走者を刺し、ファンを魅了してきた。

これまではライトを守ってきたが、6日は腰痛で戦列を離れた荻野貴司の代わりに

来日後初となるセンターの守備につき、エラーを重ねてしまった。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190907-00000012-sasahi-base)

応援団としてはノーヒットノーラン達成したことで気分が高揚して

ついこのようなコールをしてしまったのかもしれませんね。

正直、ここまではやり過ぎなのではないかと思いますね。

自チームの選手に対してヤジなどを飛ばすのはよくありますが

相手チームの選手に対して侮辱とも捉えられるコールをするのは

いかがなものなのかと思います。

ただ、プロ野球ファンの人によっては

「このコールのどこが侮辱なのか」と思う人もいるかもしれませんね。

賛否両論が分かれそうではありますが、選手が聞いて決していいものではありません。

 

マーティンコールをしていたのは私設応援団「九州鷹狂会」!謝罪文も

そして、マーティン選手への侮辱行為コールをしていたのは

私設応援団の
九州鷹狂会
だったようです。

九州鷹狂会は今回の騒動を受けて球団側から厳重注意を受けたようで

ホームページで謝罪されています。

今後、九州鷹狂会に対しては厳しい目が向けられそうです。

また、九州鷹狂会のコールを一緒に歌っていたファンの方々については

今のところ何も処分は下されないようですが、下手すれば出入り禁止処分を

受けてもおかしくはなかったかもしれませんね。

 

ソフトバンクホークス応援団が千葉ロッテのマーティンを侮辱するコール!に対するみんなの反応

 

あなたにおすすめの記事