映画空母いぶき佐藤浩市インタビュー内容首相役体制側の難病下痢で炎上?みんなの反応

2019年5月24日から公開されるマンガ原作の実写映画「空母いぶき」。

映画で首相役を務める佐藤浩市さんのインタビューがビックコミックに掲載されたのですが、そのインタビュー内容が物議を呼んでいるようです。

どうやら、原作とは設定を変えてもらってさらに安倍首相や難病に苦しんでいる人を揶揄した発言をされたとか。

真相はどうなのでしょうか。

そこでこの記事では、
「佐藤浩市のインタビュー記事の内容」
「佐藤浩市のインタビュー記事の内容に対するみんなの反応」
について紹介しています。

映画空母いぶきのインタビューで首相役佐藤浩市が「体制側をやりたくなかった!設定変更」で炎上?

空母いぶきについて

かわぐちかいじさんが現代を舞台に日中間の軍事衝突を描いた作品。

自衛隊初の空母いぶきを中心に据え、元エースパイロットの艦長や乗組員、方針を下す政治家たちなどの姿がリアルに説得力を持って描かれる。

そして、こちらがビックコミックに掲載された佐藤浩市さんのインタビュー記事の一部です。。

「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。

いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」

「でも監督やプロデューサーと、僕がやるんだったら垂水慶一郎をどういう風にアレンジできるかという話し合いをしながら、引き受けました」

「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。

だからトイレのシーンでは個室から出てきます」

佐藤浩市さんは、首相役を演じるにあたって個人的な思想を交えた発言をしてしまったようですね。

左翼的な人だったのでしょうか。

また、原作の設定を変えることも頼みこんでいたみたいです。

「ストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまう だからトイレのシーンでは個室から出てきます」

という設定変更が、国の難病にも指定されている「潰瘍性大腸炎」をバカにしたような発言と捉えられたようです。

実は安倍首相も潰瘍性大腸炎に悩まされている1人で、結果として安倍首相や難病で苦しんでいる人を揶揄するような発言となり大きな炎上を招いたようです。

役者である以上は、与えられた役を演じるのが役者だと思うのですが・・・

それ以前に、やりたくなかったのならば断ればよかったのではないですかね。

制作側も設定を変更してまで佐藤浩市さんに演じてもらいたかったのでしょうか。

 

映画「空母いぶき」佐藤浩市のインタビュー記事で多くの著名人が批判!百田直樹も

このインタビュー記事を見た多く著名人が批判されているようです。

原作が好きな方や映画館に行こうとしていた方は、インタビュー記事を読んで観に行かないと決めた方が多数いるみたいです。

 

映画空母いぶきのインタビューで首相役佐藤浩市が「体制側をやりたくなかった!設定変更」で炎上?に対するみんなの反応