佐野サービスエリア(SA)上り従業員ストライキ原因理由は倒産と社長の経営方針?現地画像まとめ

2019年8月11日のFRIDAYで
東北道 佐野SAの運営会社が倒産危機で棚が空っぽの異常事態
という記事が掲載されて話題になっています。

どうやら、栃木県佐野市黒袴町の東北自動車道上にある

佐野サービスエリア(以降SA)を運営するケイセイ・フーズが

倒産の危機にあるようです。

さらに佐野SA上り線では社長の経営方針についていけないことから

従業員によるストライキが起こりお店がどこも開いていない状態になっているようです。

そこでこの記事では
「佐野SA上り線の現場画像など」
「佐野SA上り線の従業員ストライキの原因や理由」
「佐野SAストライキに対するみんなの反応」
について紹介しています。

栃木県佐野市の佐野サービスエリア(SA)上り線で従業員によるストライキ!現地画像まとめ

 

従業員ストライキの原因と理由は?

そして、ストライキの原因は

ケイセイ・フーズの社長の経営方針についていけないと

張り紙に書かれていました。

(画像引用:https://matome.naver.jp/odai/2156573327531701001/2156574406238692403)

実は先月、佐野サービスエリアをNEXCO東日本から任されている

株式会社ケイセイ・フーズが倒産の危機にあるとの情報が流れました。

その情報を入手した一部の業者が、納品を中止する事態に発展。

業者間の横のつながりで情報は一気に広がり、雪崩を打って次々と納品が停止された。

あっという間の出来事でしたが、

納入業者としても被害を最小限で食い止めるため、シビアにならざるを得ないのです」

本誌記者が現場を訪れると、子連れの夫婦が何も置かれていない棚の前で呆然としていた。

一つも商品がないラーメン売り場の棚は長椅子にしか見えず、小さな子供たちが座ったり登ったり、

やりたい放題。納品関係者が続ける。

「ケイセイ・フーズがメインバンクから新規融資凍結の処分中であると確認できたことで、

納入業者たちは仰天。

その心配に対し、ケイセイ・フーズ社長は当初、『業者ごときが調子に乗るな』と反発していた。

しかし、本当に売り場から商品が消えたことで、NEXCO東日本が契約を解除する恐れが出てきた。

そこで、今度は即金で支払うから商品を入れてくれと連絡がきて、なんとか納品が再開されたと聞いています」

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190811-00000004-friday-soci)

どうやら佐野SAを運営するケイセイ・フーズが倒産危機にあるという噂を

耳にした納品業者が商品の納品をストップ。

しかし、一時期に即金されたことで納品は再開されたようですが、

今度はケイセイ・フーズの従業員が社長の経営方針に対する反発から

ボイコットに踏み切ったようです。

業者としても納品したけど

社長の写真が以下のようです。

 

佐野サービスエリア(SA)上り線の従業員によるストライキに対するみんなの反応

あなたにオススメの記事