桜を見る会に反社会的勢力が参加?菅官房長官と入れ墨握手画像がヤバい!

「桜を見る会」に反社会勢力の人物が参加していたのではないかというニュースが話題になっています。

また、菅官房長官が入れ墨のある人物と握手している画像がTwitterなどで出回っているようです。

それに対する質問では「ご指摘の人物と面識はない」と菅官房長官は答えられたようです。

この記事では、菅官房長官が入れ墨のある人物との握手画像やみんなの反応について紹介しています。

菅官房長官が入れ墨のある人物との握手画像がヤバい?

これらの写真がTwitter上で拡散されており、ネットでは反社会的勢力の人も「桜を見る会」に招待されていたのではないかと騒がれています。

写真だけみれば、野党が❝反社会的勢力❞を招待したと追求するのは不思議ではありませんね。

ただ、菅官房長官は「面識がない」と発言されています。

菅官房長官としては握手と写真を求められたから握それに応じた感じだったのかもしれません。

また、桜を見る会については参加する際の厳重なチェックもなく、偽造された招待状でも参加できるといった話も出てきてます。

菅官房長官と握手していた人物が反社会的勢力なのかは分かりませんが、結果としてはセキリュティ管理の甘さから招いたものだった言われかねませんね。

 

菅官房長官が入れ墨のある人物との握手画像がヤバい?に対するみんなの反応

 

この記事の元ネタ

菅義偉官房長官は21日の参院内閣委員会で、来年度の中止を決めた「桜を見る会」について、再開する場合は招待者らに対するセキュリティーチェックを強化する考えを示した。

 野党共同会派の杉尾秀哉氏が「反社会的勢力や半グレ組織といわれる謎の面々もいる」とただしたのに対し、「本人確認、セキュリティー向上策について必要な対応をしていきたい」と答えた。

 杉尾氏は、入れ墨のある男性と菅氏が桜を見る会で撮ったとされる写真がインターネットに出回っていることも質問。

菅氏は「ご指摘の人物と面識はない」と述べた。 

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000144-jij-pol)

 

 

あなたにおすすめの記事