【奈良判定】Jリーグ川崎フロンターレDF奈良のキックが危険すぎてヤバいFC東京戦

2019年2月23日に行われた、Jリーグ2019の川崎フロンターレとFC東京の開幕戦で「奈良判定」が話題になっています。

どうやら、川崎フロンターレのDFである奈良選手の危険なキックとスライディングに問題があったようです。

そこでこの記事では
「川崎とFC東京戦で見せた奈良選手の危険動画」
「奈良判定の元々の意味」
「川崎とFC東京戦での奈良判定に関するみんなの反応」
について紹介しています

【動画】川崎フロンターレDF奈良の危険キックも1発レッドで退場ならず(奈良判定)

こちらが話題となっている、奈良選手の問題動画2つです。

1つ目は後ろからの危険なヘッドスライディングです。

こちらは後ろから完全に潰しにいっているようです。

レッドカードが出てもおかしくないですが、イエローカードで済んでいます。

そして、問題なのが2つ目の動画です。

こちらは奈良選手が、FC東京のナ・スンホ選手への頭に危険キック。

ボールにいっているようにも見えますが、それにしてもかなり危険プレーです。

驚いたことは、このプレーで奈良選手にカードが出なかったことです。

1発レッドでもおかしくなかっただけに、なぜこのような判断をしたのか審判の意図が分かりません。

2回も奈良選手の危険プレーに対して、カードが出なかったことでファンからは

奈良判定

と騒がれているみたいです。

 

奈良判定疑惑の村上主審が試合後に奈良選手と会話

この試合の主審を担当したのは村上伸次という方です。

試合後、村上主審と奈良選手と握手をした時にこのような会話をしていたみたいです。

「村上さん、2回目(サンホへの顔面キック)はイエロー。

1回目(ディエゴへのタックル)は無い」

選手はが審判に批判ともとれる発言をするのはいかがなもんでしょうか。

あまり、いいとは思えませんが。

奈良選手は2つのプレーを悪いと思っているのか。

何らかの形で謝罪というものを見せてもいいかもしれません。

 

海外では1発退場も

ちなみに、海外でも似たようなプレーがありました。

こちらはバイエルン・ミュンヘンのミュラー選手が後ろから、ハイキックのようなものかましている写真です。

この時は、ミュラー選手は1発レッドで退場しています。

このあたりが、日本の審判が海外主要リーグの審判に遅れていると言われる原因なのかもしれません。

 

奈良判定とは?ボクシングの山根会長によるもの

「 奈良判定 」の意味とは、結論から言ってしまうと

「 アマチュア・ボクシングの試合で、山根明終身会長【 78 】の
出身県の奈良県の選手を不公平に勝たせる判定 」になる。

つまり、アマチュア・ボクシングの国体( 成年男子 )で山根会長が出身の奈良県から出場している選手に勝たせる不公平なジャッジメントが行なわれて来た、と言うことが報じられている。

(引用:https://donmaru.blog.so-net.ne.jp/nara)

奈良判定は元々ボクシング連盟の会長であった山根明のよる、奈良県出身の選手を不公平に勝たせるようにしたものです。

権力をを利用した不正行為ですね。

こちらは、2018年の夏に話題になりましたね。

そして、今回危険プレーを起こした奈良選手にレッドカードが出なかったことから、ファンたちが本来の奈良判定になぞらえて命名したのかもしれませんね。

にしても、考えた方はセンスのある方ですね。

 

川崎フロンターレとFC東京戦での奈良判定についてのみんなの反応

 

あなたにオススメの記事