長尾里佳かわいいスッピン顔画像と現在子供!高松荒野行動12歳そらくんと裁判は?

2019年1月に香川県の高松市の自宅アパートに

小学6年の男児(当時12)を呼んでで強制性交した疑いで

逮捕された長尾里佳被告。

3月に初裁判が行われて以降、現在も裁判は続いており

9月に判決が下されるようです。

ニュースが報道された時は犯行内容よりも

長尾里佳被告の容姿のかわいいさに多くの方が注目されたようです。

そんな長尾里佳被告の現在や少年との関係はどうなったのか。

そこでこの記事では
「長尾里佳のかわいいが顔画像」
「長尾里佳の現在や少年との関係は」
「長尾里佳の現在に対するみんなの反応」
について紹介しています。

『荒野行動』で12歳男児と強制性交、逮捕されたシンママ “ショタコン治療” へ【週間女性PRIME】

「高松地裁に出廷した被告はショートカットの黒髪、ほとんどスッピンなのに美人。

普通にしていれば、いい男がいくらでも寄ってくるだろうし、幸せになれるのにと思った」

と証言するのは、大手新聞の地方記者だ。

今年1月、香川県警高松西署は、同県高松市に住むパート従業員・長尾里佳被告(23)を、

福岡県から呼び寄せた小学6年の男児(当時12)と自宅で強制性交した疑いで逮捕した。

被告は当時、5歳の長女と3歳の長男を持つシングルマザー。

長女は被告が高校生のときに3歳年下の男性との間にできた子どもで、

高校を中退して親元を離れ、県営住宅で暮らしていた。

被告の裁判は3月から始まり、冒頭は6月5日の第3回公判で被告人尋問があったときの心象である。

しかし、犯行はとんでもない内容だった。

「昨年、スマホのサバイバルゲーム『荒野行動』で知り合った2人ですが、

まず被告が男児の住む福岡を訪ねて、すぐホテルに行ったのです。

昨年末から今年の正月にかけては、今度は被告が旅費を出して、男児を高松に呼んだ。

そして、わずか2週間後の1月下旬にも同じようにして呼び寄せ、犯行が発覚したわけです。

男児には“大人になったら結婚するから”などと言っていたようです」(同記者)

ほかに同男児にキスを強要し、それを写真に撮るなどした児童福祉法違反容疑と、

児童ポルノ法違反容疑(製造)でも追起訴されている。

2度にわたって家を出た男児の親から捜索願は出ていなかった。親は心配していなかったのか─。

「当然、母親は心配するメールを男児に送っていましたが、

被告が“こうやって送ったらいいよ”と巧妙に指示していたことがわかりました。

被告も子を持つ母親ですから、母親を安心させるツボはわかっているんです」(同)

さて、被告は根っからのショタコン(少年性愛)だったのだろうか?

「裁判で被告は“男運が悪く、DVや浮気を何度もされてきた。

アザができ、大ケガをしたこともある。

自分を大事にしてくれる人はいなかった。

12歳の男児は誰よりも大事にしてくれたので大人に見えた”などと犯行理由を述べていました」(同)

しかし、被告の同級生は「狙ったのは12歳の男児だけではないはず」と話す。

「事件の少し前は荒野行動で知り合った中学生とも付き合っていたようです」

と、この同級生。

当該施設へ取材を申し込むと、個人情報を理由に拒否された。

「再犯防止のため、被告の両親とおばさんの三者で監視して、

SNSをさせないなどと約束していますし、父親が関係する職場で働くことになっています」(同記者)

9月には判決が下る。

被告の更生と、被害男児の回復を待ちたい。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190816-00015792-jprime-soci)

 

長尾里佳のかわいいスッピン顔画像とFacebook

そして、こちらが長尾里佳被告の顔画像です。

長尾里佳被告の容姿があまりにもかわいかったため

事件の内容よりも顔に注目が集まったようです。

さぞ、多くの男性が12歳の少年を羨ましがったことでしょう。

また、Facebookも事件特定されたみたいです。

現在は写真などは削除してアカウントは残しているようです。

 

長尾里佳の現在と子供は?そらくんは

長尾里佳被告は現在も裁判に出廷しているようで

9月には判決が出るようです。

※追記:懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が下されたようです。

23歳の美人シングルマザーが、小学6年生の男児にわいせつ行為という前代未聞の事件が法廷で裁かれた。

香川県高松市の長尾里佳被告(23)に対し、

高松地裁は9月4日、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190906-00000045-sasahi-soci&p=1)

また、長尾里佳被告は犯行当時、子育てにそこまで熱心ではなかったようですが

現在は子育てに積極的になっているようです。

被告は犯行当時、子どもの保育園への送り迎えは実家の両親に任せ、

子どもたちを外へ遊びに行かせることもなかった。

しかし現在、被告は実家に戻って子どもたちと遊んだり、

食事を作ったり、風呂に入れたりして、母親らしく過ごしているという。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190816-00015792-jprime-soci)

また、長尾里佳被告と関係を持った12歳の少年は

そらくん」と言われています。

そらくんの両親とは示談が成立しており、会わない約束もしたようです。

「男児の親とは示談が成立していて、もう会わないと約束しています。

ところが、男児は精神的に参っていて“会いたい”とゴネているようです。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190816-00015792-jprime-soci)

ですが、そらくんは会いたいとゴネているようです。

12歳といえば多感な時期ですし、男の子であれば

いろいろ体について知っていく過程でもありますから

ゴネてしまうのもわからなくないかと。

初めての相手がシングルマザーであればなおさらかもしれません。

 

長尾里佳の現在に対するみんなの反応

 

あなたにおすすめの記事