大阪ミナミバーファイブで発砲事件!逃走中の犯人画像あり!名前は?

2019年3月11日の午前1時前ごろに、大阪市中央区宗右衛門町2にある「バーファイブ」という場所で発砲事件が起きました。

犯人は未だに逃走中ということですが、犯人の名前や顔画像などが気になります。

そこでこの記事では
「逃走中の犯人の画像や名前は」
「事件についてのみんなの反応」
について紹介しています。

大阪ミナミのバーファイブで事件!事件の詳細は

11日午前1時ごろ、大阪市中央区宗右衛門町のビル3階にある店舗から、「男性が撃たれた」と119番があった。

従業員の男性(42)と客の男性(32)が頭などを撃たれて搬送されたが、いずれも意識不明の重体。

30歳くらいの男が入店した直後に発砲し、そのまま逃走した。

現場は違法なインターネットカジノ店で、男は常連客とみられており、大阪府警は殺人未遂容疑で行方を追っている。

府警によると、店は「バーファイブ」。

男が同日午前0時40分ごろに来店した直後に、「パーン」という音が響いた。

従業員の男性が頭を撃たれて倒れているのを、別の従業員が発見。

男を取り押さえようとした際に、客の男性が左胸を撃たれたとみられる。

店はパソコン画面上でバカラやスロットなどの賭博をする仕組みで、客の男性は10日夜に入店して1人で遊んでいた。

他に客はいなかった。

店のテーブルに回転式の拳銃1丁が残されており、現場周辺の防犯カメラには男が走って逃げる姿が映っていた。

男は30歳くらいで身長約160センチ。

黒の短髪で、グレーのTシャツとズボン姿だった。

ネットカジノを巡っては、過去に暴力団関係者らの襲撃事件も起きており、府警は店の経営を巡るトラブルがなかったか調べている。

現場は大阪メトロ御堂筋線心斎橋駅の南東約600メートルで、飲食店が建ち並ぶ繁華街・ミナミの一角。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

どうやら、バーファイブは違法なネットカジノ店だったようですね。

発砲するということで、何か大きなトラブルがあったのでしょうか。

もしかしたら、発砲した犯人は大負けしたことに腹が立って従業員に向かって撃ったのかもしれませんね。

ただ、取り押さえようとして撃たれた客は、普通であれば称えられたでしょう。

ですが違法の店にいたということで、何とも言えない気持ちになります。

被害を受けた店としても従業員が意識不明の重体になった上に、違法であることがバレてしまいどんだ災難を被ることになったことでしょう。

事件が起きた当時の現場画像や、バーファイブの場所についてはこちらの記事で紹介しています。

大阪ミナミで発砲!バーファイブの場所は南ビル?犯人の特徴は?現場画像・動画まとめ

2019.03.11

 

大阪ミナミのバーファイブで事件!逃走中の犯人の画像あり!名前は?

こちらが事件現場から近くの防犯カメラに映っていた、犯人と思われる人物の画像です。

(画像引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

確かに、小柄で短髪でグレーのシャツを着ているように見えますね。

真相は分かりませんが、事件を起こした人物の可能性が高そうです

残念ながら、名前については分かっていません。

逃走中犯人のプロフィール
名前不明
年齢30代?
身長160cm前後
容姿短髪
当時の格好グレーのTシャツにズボン
容疑殺人未遂の疑い

 

大阪ミナミのバーファイブで発砲事件!についてのみんなの反応

 

関連記事

大阪ミナミで発砲!バーファイブの場所は南ビル?犯人の特徴は?現場画像・動画まとめ

2019.03.11

井川真一顔画像特定!韓国人姜(キョウ)眞一は現在どこにいる?ミナミバーファイブ

2019.03.12

 

あなたにおすすめの記事