メキシココカイン246個体内密輸男性の名前はウドウで顔画像や職業は?多重債務者?

メキシコから成田空港に向かっていた航空機内で、日本人男性が体調を急変させ死亡していたというニュースで、この男性の体内から246個のコカインが見つかっていたことが話題になっています。

男性が体内にコカインを隠して密輸していたのではないかと言われています。

また、男性の名前は「ウドウ」と言われているようです。

そこでこの記事
「ニュースの内容について」
「コカインを密輸していたウドウの顔画像や職業は」
「ニュースに対するみんなの反応」
について紹介しています。

日本人男性がメキシコからコカイン246個を密輸しようとしてが機内で亡くなる!

メキシコから成田空港に向かっていた航空機内で、日本人男性が体調を急変させ、死亡していたことが分かった。

体内からは小分けにされたコカインの包み246個が見つかったという。

地元メディアによると、メキシコシティーから成田空港に向かう航空機に乗っていた日本人男性が24日、

体調を急変させ、緊急着陸したソノラ州の空港で死亡が確認されたという。

検察当局は26日、男性の体内から246個もの小分けにされたコカインの包みが見つかったと発表した。

地元メディアは男性は42歳で名前を「ウドウ」と伝えている。

当局は、コカインの包みをのみ込んで密輸しようとした疑いもあるとみて調べている。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

 

南米コロンビアの首都ボゴタからメキシコシティに入り、24日に成田空港に向かう旅客機の機内で、42歳の日本人男性が死亡した。

メキシコの司法当局は26日、男性の体内からコカインが入った袋246個が見つかったと発表。

死因は薬物の過剰摂取によるものとみられ、当局は、男性が密輸に関与した可能性があるとみて詳しい経緯を捜査する方針だ。

NHKニュースが報じた。

(引用:http://news.livedoor.com/)

(画像引用:NNN)

メキシコから成田空港に向かっていた航空機内で、日本人男性が体調を急変させ死亡していたというニュースが話題になっています。

男性は包みに入った246個のコカインを体内に取り入れてたようです。

密輸の疑いで捜索していると言われていますが、おそらく密輸ではないかと思われます。

それ以前に、飛行機によく乗れたなと思いますが。

ただ飛行機に搭乗する場合、人間は金探のみでレントゲンできないので、薬物を胃に入れて持ち込まれると探知不可能みたいです。

男性としても、飛行機に乗るまではよかったようですが胃の中でコカインの入った包みから

さすがに、246個も体内に取り入れてしまうのは無理がありますね、

 

亡くなったウドウの顔画像や職業は?

(画像引用:NNN)

コカインを246個密輸した疑いが持たれているウドウという人物プロフィールについてまとめています。

残念ながら、ウドウという人物の顔画像は分かっていません。

ウドウのプロフィール
名前 ウドウ
年齢 42歳
性別 男性
職業 ?

気になる男性の職業ですが、裏社会の人物だったのでしょうか。

もしくは、多重債務者などで借金を返すために麻薬組織などに雇われた人物なのか。

メキシコと繋がっているわけですから、

ただ、246個のコカインを自らの体内に入れるくらいですから、相当な報酬が入ると言われていたのかもしれませんね。

ですが、命を落としてしまっては自業自得としか言いようがありませんね。

今後、ウドウという人物の身元を洗えば何か手がかり

 

日本人男性がメキシコからコカイン246個を密輸しようとしてが機内で亡くなる!についてのみんなの反応

あなたにオススメの記事