【動画】巨人ジャイアンツ鍬原拓也サイドスロー転向理由と変更後の名前は?

プロ野球巨人ジャイアンツの鍬原拓也投手が話題になっています。

どうやら、原監督の助言で投球フォームをオーバースローからサイドスローに転向したようです。

鍬原拓也投手のサイドスロー転向後の投球動画などが気になります。

そこでこの記事
「巨人ジャイアンツ鍬原拓也投手のサイドスロー転向で名前も変更?」
「サイドスロー転向後の投球動画」
「サイドスロー転向後のみんなの反応」
について紹介しています。

プロ野球巨人ジャイアンツの鍬原拓也がサイドスローに転向!名前もクワバタケに変更?

「原のメス」でドライチ右腕がサイドスローに転向だ。

巨人原辰徳監督(61)が9日、宮崎総合運動公園で行われる秋季キャンプで鍬原拓也投手(23)のフォームを改造した。

上手投げの即戦力として17年ドラフト1位で入団したが2年間で1勝。

今季は一時クローザー候補にも挙がったが、15試合の登板に終わった。

崖っぷちの右腕に「小さな固定観念で野球をやっていては」と歩み寄った。

ブルペンで70球を過ぎた頃、腕の位置を下げるようにアドバイス。

高校入学まではサイドスローだった右腕の制球が定まると「カットボール」「シンカー」と次々変化球もリクエストした。

ブルペンの空気が一変した頃には「今入った新入団選手だ。戦力になるかもしれない。契約金は3年前に払ったからないけど」と冗談交じりで歓迎。

「名前も変えるか、クワバタケに」と新たな投手として生まれ変わるきっかけを与えた。

鍬原は「2年間結果が出ていない。変えてみてどうなのかやってみたい」と新フォームで勝負する考えだ。

かつては原監督の恩師で元監督の藤田元司氏が、のちの20勝投手、斎藤雅樹氏をサイドスローに転向させた例もある。

今季巨人のブルペン陣に不在のタイプでチャンスは広がる。

さらに指揮官は帽子のかぶり方にも言及。

「深くかぶれと。目は見えないぐらいでちょうどいい。口は締める」と付け加えた。

マウンド上では相手を威圧する強さが必要。

優しさでは生き抜けない、プロの世界の心得を説いた。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-11090683-nksports-base)

鍬原拓也投手は2017年ドラフト1位として入団されています。

ドラフト1位でしかも大卒ですから、首脳陣としてはそろそろ結果を出して欲しいと思い始めますね。

本人としても後輩である2018年にドラフト1位で入団した高橋優貴選手が、1年目から先発ローテに入り成績を残したことから、焦りもあるかと思われます。

それを踏まえると、鍬原拓也投手しても首脳陣からのアドバイスは何でも取り入れようという気持ちでしょう。

元々はサイドスローだったこともあるので、もしかしたら上手くハマる可能性はあるかもしれません。

また、サイドスロー転向に合わせて名前も「鍬原(くわはら)からクワバタケ」に変更するかと言われたようです。

こちらに関しては原監督の冗談かと思います。

 

鍬原拓也のプロフィールと成績

プロフィール

名前:鍬原 拓也(くわはら たくや)

生年月日:1996年3月26日(23歳)

出身地:奈良県橿原市(出生は岡山県玉野市)

高校:北陸高校(福井)

大学:中央大学

ポジション:投手

投球/打席:右投右打

所属チーム:読売ジャイアンツ。

成績

2018年:6試合 防御率6.83 1勝2敗

2019年:15試合 防御率4.74 1勝2敗

 

【動画あり】鍬原拓也のサイドスロー転向後の投球!156km/hのストレートも

そして、こちらが鍬原拓也投手のサイドスロー転向後の投球です。

時期的にはまだ11月ですし、試験的に導入していく感じですかね。

ただ、鍬原拓也投手といえば最速150km/h後半の速球が武器でもあります。

9月には2軍ので試合で156km/hを計測しています。

これを見るとサイドスローにわざわざ転向する必要もないかと思いますが。

鍬原拓也投手は18年に27回を投げて20の四死球を出すなど制球難を指摘されていました。

ですが、19年は19回を投げて四死球6と改善されていました。

これを踏まえると転向する要素がないような気もしますが・・・

 

プロ野球巨人ジャイアンツの鍬原拓也がサイドスローに転向!名前も変更?に対するみんなの反応

 

あなたにおすすめの記事