金古政隆の高校や大学は?岩手医大?昭和大学病院で糖尿病を担当?

女性に睡眠薬を飲ませた上でみだらな行為をしたとして、逮捕された昭和大学病院の医師である金古政隆容疑者。

昭和大学病院の医師であった金古政隆容疑者の高校・大学はどこなのか。

昭和大学病院では糖尿病が専門分野だったとか。

そこで、この記事では金古政隆容疑者の高校や大学、昭和大学病院で何を担当していたのか調査してみました。

金古政隆の高校や大学はどこ?

金古政隆のプロフィール
名前金古政隆
年齢28歳
職業昭和大学 医師
住所東京都 品川区 西中延
逮捕容疑準強制性交とわいせつ略取
facebook>>こちら

調査したところ、金古政隆容疑者の高校は横浜の「桐光学園」。

大学は、岩手の「岩手医科大学 医学部」を卒業していることが分かりました。

桐光学園が2008年に卒業され、岩手医科大学は2016年に卒業されています。

医学部は通常6年なので、高校を卒業してすぐに大学に入学したと考えると、留年しなければ2014年に卒業することになります。

もしかしたら、2年ほど浪人して入ったか、もしくは2年ほど大学で留年したかもしれません。

 

金古政隆は昭和大学病院で糖尿病を担当?

また、昭和大学病院の担当医師を調査したところ、金古政隆容疑者の担当についても分かりました。

金古政隆容疑者は、昭和大学病院で「糖尿病・代謝・内分泌領域」を担当されていたようです。

(画像引用:http://www.showa-u.ac.jp/)

役職は助教という立場だったようです。

病院でのは助教の立場は、どうやら1番下の位になるそうです。

助教は昔は助手と言っていましたが、医学部、大学病院においては講座の正職員では一番の下っ端です。

国公立大学の医学部で言えば、一番下が研修医、その上がただの医員で、その上に来るのが助教(かつては助手)です。

(引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/)

 

金古政隆についてのネットでのみんなの反応

あなたにおすすめの記事