開星高校野球部体罰山内弘和監督顔画像プロフ経歴!野々村直通前の腹切り発言とは?

2019年11月10日に日刊ゲンダイデジタルが
発覚! 強豪・開星高野球部監督が体罰告発、退任要求されていた
というタイトルの記事を掲載して話題になっています。

どうやら、高校野球の強豪校として有名な島根県の開星高校野球部で、山内弘和監督による厳しい体罰があったことが発覚したようです。

これを受けて部員の保護者たちは山内弘和監督の退任を求める嘆願書を送っているようです。

開星高校といえば、過去に野々村直通前監督の腹切り発言も話題になりました。

そこでこの記事
「開星高校野球部山内弘和監督の体罰問題についての詳細」
「山内弘和監督の顔画像経歴プロフィールなど」
「野々村直通前監督の腹切り発言とは」
について紹介しています。

高校野球の強豪校である島根県開星高校野球部で山内弘和監督による体罰が発覚!

強豪校が揺れている。

春夏通じて13度の甲子園出場を誇る開星高校(島根)で、体罰問題が浮上していることが8日までに分かった。

秋季島根大会準々決勝・平田高校戦(平田愛宕山野球場)が行われた9月24日。

開星は1―2で敗れ、来春甲子園出場を逃した。

「試合に敗れた直後でした。帰りのバスに乗ろうとした部員に対し、同校の山内弘和監督(44)が『学校まで走って帰れ!』と激しい口調で叱責。

球場から学校までの約30キロの罰走を命じたのです。部員たちは宍道湖沿いの国道431号(通称・湖北線)を走って学校に向かった。

試合に来ていた観客も含め、多くの人がその光景を見ています」(地元関係者)

全力で試合を戦い、体力、精神力を使い果たした直後の罰走。

しかも、部員たちが走る国道431号は片側1車線の狭い道路で、歩道が途切れる箇所もある。

この話を聞きつけた一部の保護者が、部員が交通事故に遭っては大変だと学校に問い合わせたうえで、自らの判断で車で駆けつけ、後ろから部員たちを見守ったという。

その後、学校は山内監督に連絡。事情を聴いたうえで、バスで部員を途中まで迎えに行くことにした。

それで終わったかと思いきや、山内監督は学校に帰った後にも部員たちに2000スイングもの素振りを課した。

さすがにやり過ぎたと感じたのか、数日後、山内監督は部員を集め、『決して腹を立ててやったことではない。夏に向け、頑張ってほしいという気持ちでやった』と釈明したそうです。

学校内外では『これは体罰だ』と大騒ぎになり、地元マスコミも取材に動きました」

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000011-nkgendai-base)

高校野球の強豪校として有名な島根県にある開星高校で、山内弘和監督による体罰が発覚したようです。

秋の県大会準々決勝でで敗れたことから、センバツも絶望的になり結果が残せなかったことからこのような指導をしたのかもしれません。

それにしても、試合に敗れた後に30キロも走らせて、その後に2000スイングは体罰の域を超えているようにも感じますが。

強豪校なので多少の厳しい指導があるかと思いますが、これは少しやり過ぎなのではと思われかねませんね。

また、山内弘和監督による体罰はこれ以外にもあったようです。

処分を受けた2月の体罰についても、平手で殴られたある主力部員はその翌日、耳にガーゼを当てて学校に来ていた。

 

昨夏、松江市営野球場で練習試合が行われた際にも、炎天下の試合前のノックで一塁手が標的になった。

わざと外野へ打った打球を何度も取りに行かせたうえに、一塁付近で強烈な打球を浴びせ続けた。

このように山内弘和監督による体罰が続くことから、部員の間では感情が先走って自分の腹いせのためにやっているとの声も広がっているそうです。

また、山内弘和監督から体罰を受けた生徒が打ち明けたいと話しているとか。

これだけ体罰的な指導が続くとそうなるのも不思議ではないかと感じます。

 

山内弘和監督の顔画像と経歴プロフィール

プロフィール

名前:山内 弘和

生年月日:1975年

出身地:島根県 松江市

高校:開星高校

大学:広島経済大学

監督歴:開星高校(2013年~)

ポジション:内野手

山内弘和監督は小学3年生の時に野球を始められたそうです。

ただ、中学時代にヒジを痛めて野球を辞めようと考えられそうです。

その時に、当時松江第一(現開星高校)の野球部の監督であった野々村直通さんに声をかけられ野球を続けたそうです。

そして、高校では3年生の夏に初めて甲子園に出場されたそうです。

結果は1回戦負けだったようです。

その後、山内弘和監督は大学でも野球を続けられ、卒業後は建設会社に就職されたようです。

ただ、母校が気になっていた山内弘和監督は大学卒業から2年後に、野々村直通さんにコーチに就任することを直訴したそうです。

その後、2007年に開星高校の事務職員に転身してコーチを続けられます。

そして、2012年に定年退職する野々村監督からバトンを受けて同年の4月開星高校の監督に就任されています。

山内弘和監督と野々村直通さんはいわば師弟関係であったようですね。

しかも、野球を続けるきっかけを与えていますから2人の信頼関係は相当なものだったと思われます。

 

開星高校野球部野々村直通前監督の腹切り発言!「21世紀枠に負けて末代までの恥」

開星高校野球部といえば、過去に野々村直通前監督の腹切り発言が大きな話題になりました。

2010年のセンバツ甲子園で21世紀枠として出場した和歌山県の向陽高校に2-1で敗れた後のインタビューで
21世紀枠に負けて末代までの恥。腹を切りたい。もう野球をやめたいし、死にたい
と発言したことが物議を呼び世間を騒がせました。

これを受けて野々村直通監督を責任をとって辞任されています。(後に復帰)

ちなみにこの時、開星高校には後にプロ入りする糸原健斗選手(阪神)や白根尚輝選手がいました。(DeNA)

また、野々村直通前監督は今年大きな話題になった炎天下での甲子園開催や投球数問題について
暑い中、耐えて頑張っている高校球児を見たがっている。そこに感動する。暑さに耐えるのも教育
と発言されていたようです。

これに関しても賛否両論を呼んだようで、何かと話題になる人物ではあるみたいですね。

 

高校野球の強豪校である島根県開星高校野球部で山内弘和監督による体罰が発覚!に対するみんなの反応

あなたにおすすめの記事