大阪伊丹空港全日空ANA保安検査場ナイフを持った乗客が通過でやり直し!現地画像動画

2019年9月26日に兵庫県伊丹市にある伊丹空港の

全日本の保安検査場で係員がナイフを持っていた乗客に対して

ナイフをそのまま乗客に返して保安検査場を通過させてしまった

ニュースが話題になっています。

これを受けて伊丹空港では、保安検査のやり直しが

何度も行われ、その影響で出発の遅れや欠航便なども出るなど

多くの人が空港で足止めされる事態になっていようです。

そこでこの記事では、現地の画像や動画について紹介しています。

大阪・伊丹空港で保安検査場をナイフを持った乗客が通過してやり直し!現地画像

全日空によると、26日午前7時5分ごろ、

大阪(伊丹)空港の全日空の保安検査場の係員から

「利用客の手荷物からナイフのようなものが見つかったが、

誤って返却してしまった」と申告があった。

航空法などで刃物の機内への持ち込みは禁じられており、

全日空は保安検査場を通過していた全利用者に対し、再び検査を実施している。

大阪府警によると、負傷者などは出ていない。

再検査に伴い、航空便の出発に遅れが生じ、

空港内で混乱が起きているという。

全日空は、午前9時25分以降、南ターミナルを出発する全便の運航を見合わせている。

全日空などは、係員が利用客に刃物を返却した経緯を調べる。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000533-san-soci)

 

 

多くの便が欠航

この影響で飛行機が離陸できず

遅れや多くの便が欠航するなどの影響が出ているようです。

 

大阪・伊丹空港で保安検査場をナイフを持った乗客が通過してやり直し!に対するみんなの反応

 

あなたにおすすめの記事