大阪府立大学講義中居眠り学生とレーザーポインタ外部講師の名前や顔画像特定?シンクタンク社員で人見康雄氏?

大阪府立大学で授業中に居眠りしていた学生に、講師がレーザーポインタを当てたニュースが話題になっています。

レーザーポインタを当てられた学生は、何かケガや障害を負ったということもなかったようです。

大阪府立大学はその後。公式サイトで謝罪されています。

レーザーポインタを当てた講師や居眠りしていた学生の名前や顔画像が気になります

そこでこの記事では
「居眠りしていた学生にレーザーポインタを当てた講師の名前や顔画像」
「居眠りしていた学生の名前や顔画像」
「居眠りしていた学生にレーザーポインタを当てたことに対するみんなの反応」
について紹介しています。

大阪府立大学で講義中に講師が居眠り学生にレーザーポインタを当てる!その後公式サイト謝罪

大阪府立大学は2019年6月12日、「大学院講義において発生した不祥事事案についてのお詫び」とし謝罪文を公式サイトで発表した。

不祥事が起きたのは6月11日で中百舌鳥キャンパスで行われた大学院生向け講義「イノベーション創出型研究者養成」内で、講師が壇上から受講生に対してレーザーポインタを照射したという。

当時はどういった状況だったのか。

J-CASTニュース編集部の取材に、講義に出席した学生が答えた。

「イノベーション創出型研究者養成」は産学協同で企業人らと共に技術経営の基礎や企業研究者に必要な知識などを学ぶ講義で、

11日の講義は「企業管理者教育研修をモデルにした講義」と題されている。

J-CASTニュース編集部に当時出席をした修士課程1年生の学生は、

「講師が『最前列で寝るとはどういうことだ』と憤りレーザーポインタをあてた」と答えた。

「問題の件があったのは授業の中盤でした。

講師が講義中に最前列で寝ている学生を発見し、『最前列で寝るとはどういうことだ』と憤り、ペナルティ、あるいは見せしめとしてレーザーポインタを学生に当てた形になります」

「教室はざわめいたもののすぐに何事もなく講義に戻りました。講師から謝罪の類いはないまま授業は時間通りに終了しました」

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

大阪府立大学で授業中に居眠りしていた生徒に対して、講師がレーザーポインタを当てたことが話題になっています。

レーザーポインタは半導体レーザーを利用した器具で、プレゼンテーションやプロジェクターで表示した映像などの一点をなどで使用されています

ただ、使い方を間違えると危険で目に当てると失明するとも言われています。

ただ、居眠りしていたということは学生はうつ伏せの状態であった可能性が高いの目に当てた可能性は低そうな気もします。

 

レーザーポインタを当てた講師の名前や顔画像は?

レーザーポインタを居眠りしている生徒の当てた講師ですが、どうやら民間シンクタンクの社員の外部講師であったことが分かっています。

12日、J-CASTニュースがこのカリキュラムを運営する教育推進課高等教育推進機構に取材したところ、

レーザーポインタを照射したのは外部講師として招かれた、民間シンクタンクの社員だという。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

シンクタンクとは、市場経済や各業界についての分析を行なう目的で設けられた研究機関で、コンサル会社に近いものだと思われます。

また、イノベーション創出型研究者養成について調査すると講義の詳細について紹介されていました。

(画像引用:http://www.sci.u-hyogo.ac.jp/)

そして、11日の講義は「企業管理者教育研修をモデルにした講義」と書かれていたことから、講義を担当していた外部講師は

日鉄住金マネジメント株式会社 上席コンサルタント
人見康雄氏
ではないかと言われています。

日鉄住金マネジメント株式会社を調べると、シンクタンク会社であることから分かりました。

これを踏まえると、レーザーポインタを当てたのは人見康雄氏である可能性が高いかもしれません。

ただ、ハッキリした証拠がないため断定は出来ませんね。

 

眠りしていた学生の名前や顔画像は?

問題は大学院生向け講義「イノベーション創出型研究者養成」で起こったことが分かっています。

居眠りしていた学生は大学院生であることから、22歳以上の方であるとこ

居眠りしていた学生についてですが、残念ながら分かっていません。

居眠りしていた学生のプロフィール
  • 名前:不明
  • 年齢:22歳以上
  • 性別:不明

また、講義に出席しなくても遠隔で受けれようです。

 

大阪府立大学が公式サイトで謝罪

また、この騒動を受けて大阪府立大学は6月12日に公式サイトで謝罪されています。

(画像引用:http://www.osakafu-u.ac.jp/)

2019年6月11日(火)5限目、中百舌鳥キャンパスで行われた大学院講義「イノベーション創出型研究者養成」において、講師が壇上から受講生に対してレーザーポインタを照射したという事案が発生しました。

現在、詳細について調査中ですが、由々しき行為であり、教育機関として許せるものではありません。

本日、受講生全員には学内向け電子掲示板にて組織として謝罪いたしました。

受講生の皆さまには不愉快な思いをさせてしまったことを心からお詫びするとともに、講師本人には厳正に対応し、再発防止策を速やかに検討いたします。

このたびは多大なるご迷惑をお掛けしたこと、重ねてお詫び申し上げます。

副学長 高橋 哲也

(引用:http://www.osakafu-u.ac.jp/)

 

大阪府立大学で講義中に講師が居眠り学生にレーザーポインタを当てる!についてのみんなの反応