東洋英和女学院捏造深井智朗顔画像や経歴プロフィール!大学や家族(妻嫁子供)は?カール・レーフラーは存在しない

東洋英和女学院院長である深井智朗さんが、院長を解雇されたことが話題になっています。

深井智朗さんは宗教学者やドイツ思想史の研究者でもあったのですが、

自身が出版した著書「ヴァイマールの聖なる政治的精神」などで捏造が発覚したため解雇されたようです。

深井智朗さんの経歴などが気になります。

そこでこの記事では、
「深井智朗のねつ造発覚についての詳細」
「深井智朗の経歴やプロフィール家族は」
「深井智朗のねつ造発覚に対するみんなの反応」
について紹介しています。

東洋英和女学院院長深井智朗氏が自身の著書「ヴァイマールの聖なる政治的精神」でねつ造が発覚して解雇される!

東洋英和女学院のトップで、ドイツ宗教学が専門の深井智朗院長が、過去の著書でねつ造などの不正行為を行っていたとして、学院は10日、懲戒解雇処分にすることを決めました。

院長は一部については「想像で書いた」などと話す一方、意図的な不正は認めていないということです。

東洋英和女学院の深井智朗院長(54)は、平成24年に出版したドイツ宗教学の専門書、

『ヴァイマールの聖なる政治的精神ードイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』の中で、

「カール・レーフラー」という人物を神学者として紹介し、この人物が書いたとする論文を取り上げています。

これについて、ほかの研究者が「実在しないのではないか」と指摘したことをきっかけに、東洋英和女学院は、院長が教授を務める東洋英和女学院大学に調査委員会を設け、10日調査結果を公表しました。

それによりますと、「カール・レーフラー」という人物は存在せず、この人物が書いたとする論文は院長によるねつ造と判断したということです。

また、この著書には別の研究者の論文とほぼ同じ内容の記述が10か所で認められ、盗用があったと判断しました。

さらに、院長が4年前に雑誌『図書』に発表した「エルンスト・トレルチの家計簿」についても、

院長が根拠として提出した資料は全く関係のないもので、ねつ造した資料によって書かれたと判断しました。

(引用:https://www3.nhk.or.jp/)

 

カール・レフラーは存在しない?北海学園小柳敦史教授により不正が発覚


(北海学園大学の小柳敦史准教授)
(画像引用:http://human.hgu.jp/)

今回の深井智朗さんのねつ造は、北海学園大学の小柳敦史准教授の検証により発覚したようです。

というのも小柳敦史准教授は、ねつ造が発覚した深井智朗さんの著書「ヴァイマールの聖なる政治的精神」の書評を担当していたようです。

「ヴァイマールの聖なる政治的精神」では、カール・レーフラーという人物が登場するのですが、実際には実在しない人物だったようです。

しかし、深井智朗さんはその著書でカール・レーフラーについての詳細を4ページ渡って書かれていたようです。

深井智朗院長は『ヴァイマールの聖なる政治的精神』の中で、「カール・レーフラー」という人物が1924年に書いたとする論文「今日の神学にとってのニーチェ」を取り上げています。

これについて、この本の書評を担当した北海学園大学の小柳敦史准教授が検証を進めたところ、

参考文献が明記されていなかったり、誤って表記されていたりする箇所が多数あり、

レーフラーの存在を証明する資料や論文そのものを見つけることができなかったということです

このほか、雑誌『図書』に掲載された「エルンスト・トレルチの家計簿」についても、

論考の根拠が不明だったということです。

このため小柳准教授は、去年9月、日本基督教学会の学会誌に公開質問状を掲載し、深井院長は同じ誌面で、

カール・レーフラーという人物は存在し、論文はドイツの文献に載っているなどと主張していました。

こうした経緯を重くみた東洋英和女学院大学は、去年10月、外部の専門家を交えた調査委員会を立ち上げ、

深井院長に根拠となった資料の提出を求め、ヒアリングを行うなどして検証を進めてきました。

大学によりますと、この中で院長は、「カール・レーフラー」について名前が似ているドイツ人美術史家の名前を挙げて、「同一人物だった」と主張しましたが、

委員会の調べでは、この美術史家は実在するものの、神学者としての研究や業績は確認されませんでした。

また、「エルンスト・トレルチの家計簿」の論考の根拠として院長が提出した資料は、

ある神学者が書き残した会議の議事録で、家計簿とは全く関係がなかったということです。

さらに、深井院長はこの論考の中で、ドイツにある大学の資料室で「興味深い資料を見つけた」とみずから現地で発見したことを記していますが、

この資料室に問い合わせたところ、本人が訪れた記録はなかったということです。

(引用:https://www3.nhk.or.jp/)

 

 

深井智朗の顔画像や経歴プロフィール!出身大学は?

(画像引用:http://www.toyoeiwa.ac.jp/)

プロフィール
  • 名前:深井 智朗(ふかい ともあき)
  • 生年月日:1964年12月3日(54歳)
  • 出身地:埼玉県
  • 出身大学:東京神学大学大学院博士課、アウクスブルク大学哲学・社会学部博士課程修了
  • 博士:Dr. Phil.(アウクスブルク大学)、博士(文学)京都大学
  • 職業:宗教学者、客員教授
  • 研究分野:ドイツ思想史、キリスト教思想史、教育思想史
経歴

  • 聖学院大学教授(1996年~2012年)
  • 金城学院大学教授(2012年~2016年)
  • 東洋英和女学院大学人間科学部教授(2016年~2019年5月)
  • 東洋英和女学院大学院長(2017年10月~2019年5月)

その他に、日本基督教団東京教区教務教師や青山学院大学・東京大学大学院・立教大学大学院・国際基督教大学の非常勤講師、客員教授を務める。

受賞歴

  • 中村元賞:「超越と認識」
  • 日本ドイツ学会奨励賞:「十九世紀のドイツ・プロテスタンティズム」(2009年)
  • 韓国出版文化賞:「思想としての編集者」(2015年)
  • 読売・吉野作造賞:「プロテスタンティズム」(2018年)

※年数は受賞した年を現しています。

 

主な著書について

「超越と認識」(創文社、2004年)

 

「十九世紀のドイツ・プロテスタンティズム」(教文館、2009年)

 

「ヴァイマールの聖なる政治的精神」(岩波書店、2012年)

 

「思想としての編集者」(新教出版社、2011年、韓国語訳2015年)

 

深井智朗の家族(妻嫁や子供)は?

深井智朗さんの家族についてですが、調査したところ妻や子供に関する情報はほとんど出回っていませんでした。

そのため残念ながら、家族についての情報は分かっていません。

ただ、結婚して家族がいたとすれば、今回の騒動は大きなショックを与えることとなったでしょう。

 

東洋英和女学院院長深井智朗氏が自身の著書でねつ造!カール・レフラーは存在しない!についてのみんなの反応

 

関連記事

イムス三芳総合病院猪野屋博さん(かりゆしウエア)の顔画像!沖縄高校2年の崎元颯馬さん飛行機代6万円

2019.05.10

東京ハートセンター遠藤真弘理事長容子夫人顔画像!私的流用で破綻【デイリー新潮】

2019.04.22

 

あなたにおすすめの記事