流行りつつある「存在しない3文字しりとり」とは?

f:id:panai2016:20170108143453p:plain

今回は、若者の間で流行りつつある「存在しない3文字しりとり」について簡単に書いています!

YouTubeに動画をあげる人もいて、話題になっています。

簡単なので、飲み会のゲームなどにも使えますよ!!

存在しない3文字しりとりとは?

そのまま読んで字の如く、現実の世界に存在しない3文字の言葉を自ら考え出してしりとりしていくゲームです。

普通のしりとりと違うのは、真ん中に必ず「ん」を入れる必要があります

誰が考えたの?

テレビ東京(私の場合関西なのでテレビ大阪)で土曜日の夜6時からやっている「超ぽんこつさまぁ〜ず」という番組に出演しているお笑い芸人の狩野 英孝が考え出したゲームです。

ちなみに番組の内容はアンジャッシュの児嶋と、狩野 英孝が車にカラオケマシーンを積んで、北海道を目指す番組です。

ガソリンがなくなったら地域の人にお願いしてカラオケを歌ってもらって、児嶋たちはその点数を予想して、実際の点数と予想の点数がプラマイ3点以内ならガソリンが支給されて、それを繰り返していく感じですね。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

 引用:ポンコツ&さまぁ〜ず – Wikipedia

狩野が車内での暇つぶしにと考え出したのがきっかけですね。

意外に難しい・・・

この世に存在しなくて、真ん中に「ん」が入った言葉って意外にも思いつかないですよね。

「あんき」「でんき」、「かんき」、「こんき」など調べればいっぱいありますからね。

下ネタを連想させる!?

「ち◯ぽ」や「ち◯こ」などの下ネタは3文字かつ真ん中に「ん」が入っている言葉が多いので、ゲームでも下ネタではないけど、下ネタみたいな言葉が結構出てきます(笑)

実際、放送でも「きんぽ」「まんぱ」など、存在しないけどなぜか下ネタみたいなのを想像させるような言葉が出てきます(笑)

下ネタではないんですけどね~

最後に

以上が「存在しない3文字しりとり」についての簡単な説明でした!

どうでしたか?

飲み会でのゲームや旅行中の車内での暇つぶしでも盛り上がると思いますので、ぜひ1度やってみてください!

ではでは

合わせて読みたい!

飲み会・合コンで使えるiPhoneを使った簡単マジック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。