クレイジージャーニー8/14放送回ヤラセ動画!加藤英明爬虫類ハンターメキシコ

TBSの人気番組「クレイジージャーニー」でヤラセ演出が

ヤラセは2019年8月14日に放送されたメキシコの

番組が事前に現地におもむき生物を準備していたようです。

また、クレイジージャーニーでは過去にを用意する

という行為がほどあったということです。

クレイジージャーニーのヤラセについての詳細が気になる

そこでこの記事では
「クレイジージャーニーのヤラセについての詳細」
「ヤラセ演出があった8月14日の放送動画」
「クレイジージャーニーのヤラセに対するみんなの反応」
について詳細しています。

「クレイジージャーニー」でスタッフが事前に生物を準備するヤラセが発覚で番組休止!

TBSは11日、同局で放送中の人気バラエティー「クレイジージャーニー」(水曜後11・56)で、

不適切な演出があったことを発表し、謝罪。

調査が完了するまで休止と発表された。

公式サイトによると「8月14日放送の『クレイジージャーニー』2時間スペシャルと、

その日の深夜のレギュラー枠で、

爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を

探し捕獲する旅に同行取材する企画を放送しました。

放送で紹介した生物は6種類ですが、このうち4種類は、

番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、

ロケの前に準備していた生物を使って撮影していたことが

放送後の調査でわかりました」とし

「準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、

事実に依拠した番組で事実を歪めたことになり、

あってはならないものと考えています。

視聴者の皆様、当企画にご出演いただいた加藤英明さん、

また、番組にご出演いただいた方々および関係者の方々に深くお詫び申し上げます」と謝罪。

「今回の事態を私どもは重く受け止め、

当番組は調査が完了するまで休止します」と発表した。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000137-spnannex-ent)

2019年8月14日に放送されたクレイジージャーニーで

メキシコに生息する珍しい生物を探して捕獲するロケで

捕獲した6種類の生物の内、

4種類は番組が事前に用意した生物であることが判明したようです。

いわゆるヤラセの演出があったということです。

番組によるとヤラセの内容は、現地の協力者に生物を捕獲してもらい

ロケの前日または当日に捕獲した場所に生物を離して、

ロケ本番時にはその周辺で詮索・捕獲していたようです。

番組的には取れ高を確実に確保するためにという考えだったのでしょうか。

TBSではつい先日「消えた天才」で球速を速く見せるよう映像を加工する

ヤラセが発覚したばかりでした。

立て続けのヤラセ発覚ということでTBSとしては

番組制作の在り方について問われるところではありますね。

 

過去にも生物を事前に用意していたヤラセをして

さらに、クレイジージャーニーでは8月14日の放送だけでなく

過去に放送された捕獲ロケ10回で11種類の生物を

今回と同様に事前に準備していたことも発覚したようです。

ちなみに、今回のメキシコロケを担当したスタッフは

過去に生物を準備したスタッフとは別の人物だったようです。

また、この爬虫類ハンター企画で、

過去にも同様の手法がなかったかどうか調査をすすめているとし、

現時点では「過去10回の放送で捕獲した生物のうち、

26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したものですが、

11種類は事前に準備していたものであることが現時点で判明しています」とも発表している。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000137-spnannex-ent)

 

過去10回の放送で、事前に準備した11種類の生物は以下の通りです。

2017年 2月9日 マダガスカル前半
・ヘサキリクガメ

2017年 2月16日 マダガスカル後半
・ラボードカメレオン

2017年 8月16日 カメルーン(ゴールデンSP)
・ゴライアスガエル
・ニシアフリカコビトワニ

2018年8月8日 キューバ(ゴールデンSP/同日レギュラー枠)
・ヒメボア
・キューバボア
・フトヒゲカメレオンモドキ

2019年2月6日 南アフリカ前半
・アフリカウシガエル
・タマゴヘビ
・パフアダー

2019年2月13日 南アフリカ後半
・ノドジロオオトカゲ

計11種類

(引用:https://www.tbs.co.jp/crazyjourney/)

現時点で11種類の生物が事前に用意されたことが判明していることから

今後調査を進めるとさらに多くの種類の生物が事前に

用意されていたことが発覚するかもしれませんね。

 

8月14日放送回の動画と事前に準備されたメキシコの生物

そして、8月14日に放送された

事前に準備された生物がこちらです。

メキシコロケで事前に準備した4種類の生物と撮影時の状況は以下の通りです。

1.メキシコサラマンダー 現地協力者が湖で事前に捕獲した個体をネットの籠に入れ、同じ湖に放ちました。

2.アリゲータートカゲ 地面に数センチの穴を掘って、事前に捕獲した個体を放ちました。

3.メキシコドクトカゲ 現地協力者が個体を岩の下に放ちました。

4.ヘルメットイグアナ 取材した大学にお借りし、大学施設内の生息可能性のある場所に放ちました。

(引用:https://www.tbs.co.jp/crazyjourney/)

 

爬虫類ハンター加藤英明はヤラセを知っていたのか

今回のヤラセ演出についてロケに参加した爬虫類ハンター加藤英明さんは

事前に準備された生物については伝えてなかったと発表されています。

なお、スタッフによると加藤氏に事前に準備していたことは伝えていなかった。

(引用:https://www.oricon.co.jp/news/2144191/full/utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw)

真相は分かりませんが、スタッフとはある程度前から

打ち合わせすると思いますから加藤英明さんが

本当に知らなかったのか気になりますね。

クレイジージャーニーは加藤英明さんの良さを最大限に

引き出してくれていだだけにいち早い解決が望まれますね。

 

「クレイジージャーニー」でスタッフが事前に生物を準備するヤラセが発覚で番組休止!に対するみんなの反応

クレイジージャーニー制作トップA氏は誰で名前や顔画像特定?ADへの暴行で異動【週刊文春】

2019.08.28

 

あなたにおすすめの記事