アジアカップ2019得点王アルモエズ・アリ(カタール)は中島翔哉のチームメイト?

2019年2月1日(金)アジアカップ2019決勝が行われます。

決勝のカードは、準決勝でイランを破った日本と開催国UAEを粉砕したカタールの組み合わせになりました。

そして、カタールにはアジアカップ2019得点王確実と言われているアルモエズ・アリという注目選手がいます。

そこでこの記事では、アジアカップ2019得点王を獲得した選手、これまでのアジアカップの得点王と通算得点王について紹介しています。

アルモエズ・アリ選手はアフリカスーダン人?所属クラブや年齢について

アルモエズ・アリのプロフィール

  • 名前:アルモエズ・アリ・ザイナラビディン・アブドゥラ
  • 生年月日:1996年8月19日(22歳)
  • 身長:180cm
  • 国籍:カタール
  • ポジション:FW(フォワード)
  • 所属クラブ:アル・ドゥハイルSC(カタール)
  • 主な獲得タイトル:AFC U-23選手権2018 得点王(6得点)

アルモエズ・アリはまだ22歳でこれからが期待されるカタールの有望選手です。

国籍はカタールですが、実はアフリカのスーダン生まれだとか。

幼い頃にカタールに移住して、カタールのエリートプログラムやベルギーのユースチームを経て、オーストリアでプロ生活を始めたと言われています。

アジアカップ2019で得点ランクトップの8得点を挙げ、一気に注目度が上がっています。

ちなみに代表デビュー戦は、非公式ながら2013年12月のバーレーン戦。この時の年齢はなんと17歳!

そして、代表初得点は2017年10月5日に行われたシンガポール戦で、2得点を挙げています。

こちらはAFC U-23選手権2018でアルモエズ・アリの得点シーンまとめです。

6得点を挙げて大会得点王に輝き、見事カタールを3位に導いています。

とにかく裏への抜け出しが素晴らしく、1発で仕留めるあたりはまさにストライカーと言えます。

そして、アルモエズ・アリが所属しているアル・ドゥハイルは、日本代表である中島翔哉の移籍先でもあります。

中島のカタール移籍が心配されていましたが、年齢も近くこのような素晴らしい選手がいるということで共演が楽しみになります。

中島が移籍するアルドゥハイルとは?監督は?移籍金は?あの有名選手も所属

2019.01.29

 

2019アジアカップ得点ランキング!アルモエズ・アリは得点王確実

 選手国籍得点
1位アルモエズ・アリカタール8
2位大迫勇也日本4
2位サルダル・アズムンイラン4
2位アリー・マブフートUAE(アラブ首長国連邦)4
2位エルドル・ショムロドフウズベキスタン4
6位ヴィタリ・ルクスキルギス3
6位メフディ・タレミイラン3

(※アジアカップ2019準決勝終了時点)

アルモエズ・アリは今大会ここまでトップの8得点を挙げました。

今大会から3位決定戦は行われず、残すは決勝のみです。

なので、得点王争いは日本代表の大迫とアルモエズ・アリの一騎打ちになります。

ですが、過去のアジアカップの決勝で片方の国が4点以上挙げた試合はないため、2019年大会の得点王はアルモエズ・アリで間違いないでしょう。

 

アルモエズ・アリが得点王挙げた試合一覧

  • グループリーグ第1節 レバノン戦:1得点
  • グループリーグ第2節 北朝鮮戦:4得点
  • グループリーグ第3節 サウジアラビア戦:2得点
  • 準決勝 UAE戦:1得点
  • 決勝 日本戦:1得点

注目すべきは、グループリーグ第2節の北朝鮮戦でハットトリックを含む1試合4得点をマークしたことですね。

1試合4得点は過去のアジアカップでアルモエズ・アリを含めてたった5人しか成し遂げていません。

こちらは北朝鮮とのハイライト動画です。

アルモエズ・アリは9分・11分・55分・60分に得点しています。

ゴール前での落ち着き、ヒールキックでのシュートとテクニックを見ると、1年で確実に成長しているのが感じとれます。

 

アジアカップの歴代得点王と1大会最多得点ランキングを紹介

こちらはアジアカップにおける通算得点ランキングです。

 選手国籍得点
1位アリ・ダエイイラン14
2位イ・ドングク韓国10
3位高原直泰日本9
4位ジャーシム・アル・フウェイディクウェート8
4位ユニス・マフムードイラク8
6位ホセイン・キャラーニーイラン7
6位ベフターシュ・ファリーバーイラン7
6位チェ・スンホ韓国7
6位ファイサル・アル=ダヒルクウェート7

アルモエズ・アリは今大会で8得点を挙げているため、すでに通算得点ランキング4位以上になることが確定しています。

※決勝で1得点を決めて、大会の最多得点記録を更新しました!

現在のトップは14得点を挙げたイランの名ストライカーであるアリ・ダエイです。

アルモエズ・アリはまだ22歳なので、今後アリ・ダエイを抜く可能性は大いにあります。

そして、こちらはアジアカップにおいて1大会での最多得点ランキングです。

 大会選手国籍得点
1位2019年アルモエズ・アリカタール9
2位1996年アリ・ダエイイラン8
3位1980年ベフターシュ・ファリーバーイラン7
3位1980年チェ・スンホ韓国7
5位2000年イ・ドングク韓国6
6位1972年ホセイン・キャラーニーイラン5
6位2004年アラ・フバイルバーレーン5
6位2004年アリ・カリミイラン5
6位2011年ク・ジャチョル韓国5
6位2015年アリー・マブフートUAE5

こちらもトップは1996年大会にに8得点を挙げたイランのアリ・ダエイです。

アルモエズ・アリはすでに8得点を挙げてアリ・ダエイと並んでトップタイ以上になることが確定しています。

なので決勝で1得点でもあげれば、1大会での通算得点ランキングを更新することなります。

日本を応援する側としてはアルモエズ・アリに点を入れて欲しくないですが、試合の勝敗だけでなく記録が更新されるかも注目です。

 

アルモエズ・アリに関するみんなの反応

 

まとめ

まとめ

  • アルモエズ・アリのアジアカップ2019での得点王は確実!
  • アジアカップ1大会における通算得点ランキングでも1位以上が確定!
  • アルモエズ・アリを止めるのは富安?(笑)

 

あなたにおすすめの記事