1円玉の悲しみ75枚をコンビニレジで払った老人の名前や顔画像は?【四国新聞】

2019年9月16日の四国新聞の朝刊に掲載された
1円玉の悲しみ
という記事がネットで話題になっているようです。

四国新聞に投稿された記事によると

70代の読者がコンビニで75円を1円玉75枚で払おうとした所

店員から
「営業妨害になります」「次からは、お断りします」
と言われたようです。

それを受けて70代の読者は2度と行かないとご立腹だったとか。

ネットではこの記事について賛否両論が巻き起こっているようです。

そこでこの記事では
「75円分を1円で払った新聞記事」
「75円分を1円で払った老人の名前や顔画像など」
「75円分を1円で払った老人に対するみんなの反応」
について紹介しています。

四国新聞の「1円玉の悲しみ」という投稿がネットで話題に!70代読者が75円分を1円75枚で払う

75円分を1円硬貨75枚で払おうとしたところ、

店員に「営業妨害になります」「次からは、お断りします」といわれたーー。

四国新聞(9月16日朝刊)に掲載された「1円玉の悲しみ」と

題する70代読者からの投稿がツイッターで話題を集めている。

投稿によると、店員がそのように言った理由は

「小銭は20枚が限度で、それ以上は受け取れない」

「数えるのも面倒」というものだったという。

これに対して、投稿者は「言われなくても2度と行かない」と立腹。

「1円足りなくても売ってはもらえぬが、

1円玉を集めての老人の買い物など、初めから彼らの了見に入っていないのだ」

とやるせなさを綴っている。

一方、ネット上では「迷惑行為だ」「他のお客さんにも迷惑になる」

などの批判的な意見が少なくない。

店員が説明する「小銭は20枚が限度で、それ以上は受け取れない」という言葉は、

法律に根拠がある。

「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」は

「貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する」(7条)と規定している。

つまり、1回の支払いの際に、同じ額面での支払いは、

20枚までならば、受け取ってもらうことができるということになる。

そして、今回のように、客が1円玉75枚で会計をしようとした場合、

店員は拒否することもできるのだ(もちろん、受け取ることもできるが、義務は生じない)。

ただし、紙幣(日本銀行券)については、枚数制限がない(日本銀行法46条2項)。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00010138-bengocom-bus_all)

2019年9月16日に四国新聞に投稿された「1円玉の悲しみ」

という記事がTwitterで拡散されて

大きな話題を呼んでいるようです。

内容を読む限りでは70代読者が被害者のようにも感じますが

75円分を1円玉75枚で払うというのは、

限度というものがあるのではないかと感じます。

店員さんが数えるのに時間がかかりますし、

もし、後ろに並んでいる客がいたとすれば

その方に対しても待たせることになりますから。

決して良いことではないでしょう。

また、法律では同じ硬貨で支払う場合は20枚が限度とされているようで

店員の対応は間違ってはいなかったのかとは思います。

 

75円分を1円75枚で払った老人の名前や顔画像は?

コンビニで75円分を1円玉75枚で支払った老人についてですが

匿名投稿ということもあって名前や顔画像などは分かっていません。

老人としては、自分がこんなひどい対応をされたと

知って欲しかったのかもしれませんね。

ですが、逆に大きな批判を浴びてしまうことになったようです。

現時点では70代で四国新聞の読者であるということしか判明していません。

 

四国新聞の「1円玉の悲しみ」という投稿がネットで話題に!70代読者が75円分を1円75枚で払うに対するみんなの反応

 

あなたにおすすめの記事