m12019決勝和牛が敗者復活戦と同じネタを披露!理由やなぜ?

2019年12月22日に「M-1グランプリ2019決勝」が放送されました。

そして、敗者復活戦も同じ日に行われて和牛が見事勝ち上がりました。

そんな和牛は決勝戦でなぜか敗者復活戦同じネタ披露しました。

これを受けてネットでは和牛が同じネタを披露した事に対して疑問の声が挙がっていたようです。

和牛が同じネタを披露した理由は何だったのか調査していきます。

M-1グランプリ2019決勝で和牛が敗者復活戦と同じネタを披露

和牛が敗者復活戦で披露したネタがこちらです。

ネタは水田さんが不動産屋として家を探す川西さんを案内するいわゆる「内見」ネタでした。

和牛はこのネタで65万票を獲得して見事敗者復活戦を勝ち上がりました。

そして、決勝でも和牛は同じ「内見」ネタを披露しました。

敗者復活戦も見ていた方は「あれ敗者復活戦と同じネタ?」と思ったのではないでしょうか。

 

同じネタを披露した理由は?

和牛が敗者復活戦と同じネタを披露した理由についてはいくつか考えられそうです。

同じネタを披露した理由
  • 打ち合わせの時間がなかった
  • 最終決戦で披露する引越しネタを見越して
  • 人気投票ではなく実力で勝ち上がったことを証明するため

 

打ち合わせの時間がなかった

まず、1番考えられそうなのが「打ち合わせの時間がなかった」ですかね。

M-1グランプリ2019決勝ではネタを披露する順番が笑神くじによって決められます。

敗者復活組はくじがひかれたらすぐにネタを披露することになっていました。

敗者復活戦から決勝開始までは2時間ほどしかなく、また決勝に進出する決勝が開始されて以降であるためネタを合わせる時間がなかったことが考えられそうです。

 

////////////////////////// //ここにアドセンスを挿入// //////////////////////////

最終決戦で披露する「引越し」ネタを見越して

2つ目は最終決戦で「引越し」ネタを披露する予定だったことが考えられます。

和牛は「内見」ネタに関連して「引越し」ネタがあるようです。

もし、最終決戦に進んだ場合は「内見」ネタと関連していて大きな笑いを取れると見越したかもしれませんね。

 

////////////////////////// //ここにアドセンスを挿入// //////////////////////////

人気投票ではなく実力で勝ち上がったことを証明するため

敗者復活戦に残った16組にはミキやアインシュタイン、四千頭身など人気急上昇中の若手コンビがいました。

その中でもやはり3年連続M-1準優勝していた和牛が1つ抜けていた感じはありましたね。

そして、敗者復活戦では65万票を獲得。

2位のミキを約20万票離して断トツので1位でした。

その中にはネタが面白いからではなく「和牛が好きで投票した」という方もいたと思われます。

和牛はもう1度同じネタを披露して人気投票で勝ち上がったことを改めて証明したかったのかもしれませんね、

 

M-1グランプリ2019決勝で和牛が敗者復活戦と同じネタを披露!に対するみんなの反応

 

あなたにおすすめの記事