【動画】札幌首相演説中「安倍やめろ」ヤジ排除!大杉雅栄さんが裁判理由は?

今年7月に札幌で安倍晋三首相が演説中に「安倍やめろ!」と何度もヤジを飛ばた男性が、警察に取り押さえられた事を受けて、警察を刑事告訴し、北海道を相手に裁判を起こしたニュースが話題になっています。

裁判を起こした男性は
大杉雅栄さん
です。

そこでこの記事では
『大杉雅栄さんが札幌で「安倍やめろ!」ヤジで警察官に排除される動画』
「大杉雅栄さんが裁判を起こした理由」
「みんなの反応」
について紹介しています。

【動画】札幌で首相演説中に「安倍やめろ!」とヤジ!大杉雅栄さんが警察を刑事告訴し北海道を相手に裁判!

大杉雅栄さんは今年の7月に札幌で行われた参議院選挙の演説をしていた安倍晋三首相に向かって
安倍やめろ!安倍やめろ!
とヤジを飛ばしていたようです。

実際の映像がこちらです。

モザイク無しの映像はこちら。

(画像引用:JNN)

大杉雅栄さんは複数の警察官に取り押され、排除されたようです。

この行為に不満を感じた大杉雅栄さんは、自分を排除した警察官7人を刑事告訴。

さらに、北海道相手に国家賠償を請求する訴訟を起こしたようです。

 

大杉さんは3日、自分を排除した警察官7人を「特別公務員職権乱用罪」などで刑事告訴し、北海道警を所管する道に対しても330万円の賠償を求める国家賠償訴訟を起こしました。

 

大杉雅栄さんが裁判を起こした理由は?

(画像引用:JNN)

大杉雅栄さんは裁判を起こした理由についてに

ヤジを飛ばす権利が、いち主権者としてあるということを確認するための訴訟

と発言しているようです。

動画では大杉雅栄さんのヤジが部分的にしか報道されていないため、何とも言えませんがどの程度ヤジだったかによって見方は変わりそうです。

周りにいる人や安倍晋三首相に対して危害が及ぶと思われるレベルのものであれば、警察官の排除は妥当と判断されるかもしれませんね。

 

札幌で首相演説中に「安倍やめろ!」とヤジ!大杉雅栄さんが警察を刑事告訴し北海道を相手に裁判!

表現の自由は憲法で保障されていますが、選挙の場合は公職選挙法のほうが優先されます。

選挙妨害に表現の自由はありません。

この人は裁判で負けます。

裁判費用も負担させられるでしょう。

 

何が問題って、これで告訴側が勝ったとしたら今後警察が動きにくくなるのが問題な気がする。

何が良くて何がダメなのか境界線が分からない。

 

ヤジをいう権利はないです。

表現の自由という権利はありますが、あなたが言いたいことを表現したいなら立候補するか対立候補を立ててください。

それが民主主義です

Twitterではヤジ最中に排除した事に対して、

その一方で、演説を普通に聞きたい方もいる中でさんのヤジはヤジの域を超えて妨害行為に当たるといった声もありました。

どのような判決が下されるのか注目ではあります。

あなたにおすすめの記事