森川葵と高橋一生が共演したプリンセスメゾンでの役・あらすじは?

2016年にNHK BSプレミアムのプレミアムよるドラマ枠で放送された「プリンセスメゾン」。

このドラマでの出会いがきっかけで後に交際することになった森川葵と高橋一生。

今回は「プリンセスメゾン」がどんなドラマで、森川葵と高橋一生がどんな役を演じたのかを紹介しています。

ドラマ「プリンセスメゾン」の基本情報

ドラマ名「プリンセスメゾン」

話数:全8話

放送日:2016年10月25日~12月13日

出演者:森川葵、高橋一生、陽月華、志尊淳、舞羽美海、渡辺真起子、木野花、渡辺美佐子他

原作:池辺葵

脚本:髙橋泉 松井香奈

 

あらすじ

女、26歳、居酒屋勤務、結婚の予定なし。でも、“家”を買います

20代後半の女性が「マンション購入」を目標に生きるリアル体験型ドラマです。

結婚に向けて恋愛ありの生き方ではなく、彼女の家を探す姿に現代の女性が求めているものが見えてきます。

さまざまな出会いが、小さいけれども温かい支えを生んでいく、人々のやさしさが交錯する物語をお届けします。

(引用:http://www.nhk.or.jp/)

 

東京で一人暮らしをしながら、持ち家取得に奔走する20代女性の沼越幸。

彼女の家探しの物語を主軸に、様々な事情・環境・想いを持った色々な世代の女性の「ひとりだけの自分の家」にまつわるエピソードとなっています。

 

森川葵の出演役

沼越 幸(26歳)

高校卒業後に上京して以来、8年間居酒屋に勤務する独身女性。

おさげ髪がトレードマークで、普段は無口で捉えどころのない雰囲気だが、居酒屋では活発に動き回る頑張り屋。

質素な暮らしで、少ない収入の多くを貯金に回し、いつか「自分の家」を手に入れる夢を持つ。

理由は彼女の孤独な過去にあるようだが、それはまだ明らかになっていない。

 

高橋一生の出演役

 

伊達 政一(35歳)

大手不動産会社・持井不動産の社員。

大変有能な男で、常に冷静沈着。

しかしそれ故非情にも見えるが、仕事に強い情熱と責任を持っている。

部下たちからは恐れられているが、どこかでお茶目な面も。

幸に対しては時に厳しいことも言うが、言葉とは裏腹に、温かい眼差しで見守っている。

 

まとめ

プリンセスメゾンでは主演を務めた森川葵。

高橋一生も森川葵の役と多く関わる役を演じていました。

現実では交際することになった2人ですが、ドラマでは付き合うことはなかったです。

内容からしても恋愛ドラマではなかったので(笑)

しかし、破局というニュースが流れてしまったのは非常に残念でしたね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。