中島が移籍するアルドゥハイルとは?監督は?移籍金は?あの有名選手も所属

この記事のカンタンまとめ

  • 中島選手が移籍するアル・ドゥハイルはカタール1部で2連覇中の強豪チーム
  • アル・ドゥハイルの監督はモウリーニョの右腕と言われ人
  • 中島選手の移籍金はなんと約44億円!
  • 中島選手の移籍はポルティモンセの移籍金目当て!?

イラン代表アズムンの大迫と柴崎へのファウルが酷い!実際の動画もあり

2019.01.29

ポルティモネンセ中島がカタールの1部アル・ドゥハイルに移籍

サッカー日本代表MF中島翔哉(24)=ポルトガル1部ポルティモネンセ=がカタール1部のアルドゥハイルに完全移籍することが28日、確実になった。

 

カタールのサッカー関係者によると、移籍金は3500万ユーロ(約44億円)で日本人の移籍金の史上最高額になる。

 

さらに、早ければ今夏にもフランス1部のパリSGへの移籍の可能性もあるという。

 

日本が誇るアタッカー中島が昨季のカタール王者に移籍することが決定的になった。

 

カタール関係者によると、潤沢な資金を持つアルドゥハイルは、年俸350万ユーロ(約4億4000万円)、移籍金3500万ユーロ(約44億円)以上を用意し、契約が残るポルティモネンセと交渉。

クラブ間で合意に達したという。

 

44億円は中田英寿が01年7月、イタリア1部ローマから同パルマに移籍した約32億円を超える日本人最高額になる。

(引用:Yahooニュース)

ポルトガルで今シーズン5得点6アシストをマークするなど絶賛活躍中の中島翔哉選手が、カタールの強豪チームへ移籍することになりました。

今後は、ポルトガルよりもレベルの高いイングランドやフランスリーグへ移籍する噂かあっただけに、期待していたファンにとっては残念だったはずです。

ですが、早くても夏にはフランスの強豪パリ・サンジェルマンに移籍する可能性もあるみたいなので、長期間在籍する感じではないように思えます。

では、中島選手が移籍するカタール1部のアル・ドゥハイルとはどのようなチームなのでしょう。

 

カタール1部のアル・ドゥハイルの基本情報

  • クラブ名:アル・ドゥハイルSC(前の名前はレフウィヤSC)
  • 所属リーグ:カタール・スターズリーグ(カタール1部)
  • スタジアム:アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム
  • 監督:ルイ・ファリア(ポルトガル人)
  • 2017-18年リーグ成績:優勝(史上初の無敗優勝)

中島選手が移籍することになったアル・ドゥハイルは元々はレフウィヤSCというチーム名でした。

2016ー2017シーズン後にアル・ジャイシュというチームと併合し「アル・ドゥハイルSC」という今のチーム名になっています。

もしかしたら「レフウィヤSC」という名前なら知っている方もいるかもしれませんね。

チームはリーグ1部を2連覇しており、2017ー2018シーズンはリーグ史上初の無敗優勝しています。

アジアチャンピオンズリーグでも2年連続でベスト16に進出しており、2018年はベスト8まで勝ち進んでいます。

今カタールで1番強いサッカーチームと言えるでしょう。

また、監督であるルイ・ファリアはポルトガル人であることから中島選手のカタール移籍が突発的なものではなかったことが考えられます。

実際、ルイ・ファリアは中島選手を欲しがっているというニュースもあるので、実力を見込んだのでしょう。

そして、このポルトガル人監督であるルイ・ファリアがとてもすごい方であることが分かりました。

 

監督はモウリーニョの右腕

現在監督を務めるルイ・ファリアは、アル・ドゥハイルに来る前はイングランドのマンチェスター・Uでアシスタントコーチを務めていました。

その前にはチェルシーレアル・マドリードミランなどヨーロッパの強豪チームに長い間コーチとして在籍しています。

そして、ルイ・ファリアは少し前までマンチェスター・Uの監督を務めていたモウリーニョと師弟関係とも言われています。

2001年にウニオン・レイリアの監督に就任したモウリーニョにフィットネスコーチに選ばれ、ここから師弟関係が始まったとか。

その後もモウリーニョに付き添って、FCポルトではUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献することになります。

この頃から”モウリーニョの右腕”、”名参謀”との評価を得るようになったそうです。

なので、中島選手としてはモウリーニョから認められ、強豪チームに長い間在籍した監督からいろんな事を学べる良い機会なのではないかと思います。

 

アル・ドゥハイルに所属す有名な選手は?

残念ながらアル・ドゥハイルには欧州で活躍した有名選手はいませんでした。

ですが、他のチームにはバルセロナなど活躍したシャビ(アル・サッド)レアル・マドリードやインテルで活躍し日本代表の長友選手と仲の良かったスナイデル選手(アル・ガラファ)など有名選手が在籍しています。

また、ローマやバイエルン、ユベントスで活躍したモロッコ代表のベナティア選手がアル・ドゥハイルに移籍することが決定しています。

そしてアジアカップ2019で活躍し、日本と決勝で戦ったカタールのアルモエズ・アリ選手も所属しているので、前線での共演が楽しみになります。

アジアカップ2019得点王アルモエズ・アリ(カタール)は中島翔哉のチームメイト?

2019.01.30

 

中島の移籍は商業目的だったのか?合意した理由とは

今回の中島選手の移籍で注目なのは移籍金です。

その値段3500万ユーロ、日本円にしてなんと約44億円!!

中田英寿を超えて日本人史上最高の移籍金と言われています。

(※ちなみに2018年夏の移籍金ランキング10位がニース(フランス)からフラム(イングランド)に移籍したジャン・セリ選手の59億円でした。)

ヨーロッパのトップリーグに所属したことのない選手にここまでのお金を出せるのは、恐るべしオイルマネーです。

移籍が合意したのは

  • ポルティモンセネンセとしては資金が欲しい!
  • アル・ドゥハイルとしては監督が中島を欲しがっている!

といったお互いの利害が一致したことによる可能性が高そうです。

ポルティモンセとしては、ポルトガル人が監督を務め、資金が潤沢にあるアル・ドゥハイルは信頼できるチームだったのかもしれません。

そして、定かでないですが中島選手は2019年の夏にはフランスの強豪チームPSG(パリサンジェルマン)へ移籍するとも言われています。

そのため中島選手の個人の意志というよりは、クラブ間での商業目的の要素が強く感じられた移籍に思えます。

 

中島選手のアル・ドゥハイル(カタール)移籍に関するみんなの反応

 

 

 

 

 

中島が移籍するアルドゥハイルについてのまとめ

中島が移籍するアル・ドゥハイルは、カタール1部リーグ2連覇中の強豪チームであることが分かりました。

確かにリーグレベルはポルトガルに比べると落ちてしまうのは事実かもしれません。

ですが、監督はモウリーニョの右腕と言われるぐらいの実力のあるということなので、監督から学ぶことは多くあると思います。

長い間在籍する可能性もないためなのでこの移籍はステップダウンではなく、ステップアップと言えるかもしれません。