【ネタバレ&感想】進撃の巨人23巻&無料で読める方法を紹介

つい先日進撃の巨人の最新23巻が発売されましたね。

22巻では壁の歴史やエルディア人とマーレ人による対立などこれまで謎めいていた世界の事実がいろいろ明らかとなり、進撃の巨人の全体像が見えたのではないかと思います。

エレン達は初めて水平線が続く海を見ると同時に第1部が完結したって感じでしたね。

そして、今回の23巻では話はこれまでと変わってエレン達が見た海の向こう側にある島、つまりライナーやベルトルト、アニの故郷であるマーレ島の話がメインになっています。

4年の時が過ぎマーレ島やライナーの過去や様々な思いが描かれていました。

【スポンサーリンク】

あらすじ

23巻の内容をざっくりまとめてみるとこんな感じです

22巻から4年後のマーレでは中東諸国との戦争が続いていた

勝利を収めるものの大国マーレは人類技術の発達を思い知らされる

ジークはいち早く始祖の巨人を奪還する事を軍上層部に提案する

戦いが終わりライナーを含めた軍人達は自分の故郷(レべリオ)へ帰る

ライナーはそこで家族にパラディ島での出来事を話す

更にライナーの幼少期からの回想が描かれ、ライナーの想いや過去が明かされる

今回はエレン達の敵であるマーレと主にライナー事について書かれていました。

 

人類技術の発達で巨人の限界?

話は4年後のマーレから始まります。

マーレ軍は中東諸国と半島を巡る争いが4年間続いており、マーレ軍があと1つの要塞を落とせば勝利の所まできていました。

f:id:panai2016:20170826104904j:image

(出典:進撃の巨人23巻より)

そして、ジーグやライナーはもちろん新しい巨人も登場してマーレ軍は勝利したものの、鎧の巨人であるライナーが敵艦隊の砲撃で頭以外は粉々に壊れるなど人類技術の発達を思い知り、いつまでも巨人に頼っていてはいずれ負けてしまうと危機を感じます。

f:id:panai2016:20170826105021j:image

(出典:進撃の巨人23巻より)

マーレが世界最強であるためにも4年前失敗に終わったパラディ島(エレン達が住んでいる所)に上陸し再び計画を実行する事で話は進んでいきます。

 

新しい巨人

この中東諸国との戦争では新たな巨人が登場しました。

またエレン達との戦いでジークと一緒にいた知性を持った四足歩行型の巨人についても、人物が判明しました。

 

  • ガリアード:【顎(あざと)の巨人】
f:id:panai2016:20170826112803j:image

ライナーやベルトルトと訓練兵の同期生でもあります。

ちなみにガリアードの兄マルセルはライナーを庇ってユミルに食われてしまった人物でもあります。

ユミルはどこに行ったか不明になってましたが、どうやら兄を食ってしまった事から弟のガリアードに顎の巨人の力を返すためガリアードに食べられて死亡していた事が明らかになりました。

 

  • ピーク:【四足歩行の巨人】
f:id:panai2016:20170826112818j:image

ガリアードと同じくライナー達の訓練兵の同期生で、ジークが連れていた知性ある賢い巨人ですね。

一見男が巨人化してるのかと思いきや女の子でしかもかなり可愛い!

アニとかライナーは本人がそのまま巨人化した感じなのに、ピークだけ全然原型が反映されてない感じですね(笑)

これで8つの巨人が判明しました。

8つの巨人

  • 始祖の巨人:エレン
  • 進撃の巨人:エレン
  • 超大型巨人:ベルトルト⇨アルミン
  • 鎧の巨人:ライナー
  • 女型の巨人:アニ
  • 獣の巨人:ジーク
  • 顎の巨人:ユミル⇨ガリアード
  • 四足歩行の巨人:ピーク

これを見ると巨人の数ではエレン達はマーレに劣りますが、始祖の巨人の力を所有しているため戦力的にはエレン達の方が有利かもしれませんね。

また残り1つはどんな巨人なのか気になる所です。

 

【スポンサーリンク】

鎧の巨人の継承者はガビ?

f:id:panai2016:20170826105042j:image

(出典:進撃の巨人23巻より)

9つの巨人の力を継承したものはユミルの呪いにより継承した日から13年で死ぬ事になります。

ライナーの寿命は残り2年という事でマーレでは新たな鎧の巨人の継承者を誰が受け継ぐのかも話題になっていました。

その候補としてライナーと同じエルディア人ながらマーレのために戦う小さな訓練兵の4人が登場します。

そしてその中でも1番鎧の巨人の継承者に相応しいと言われているのが、ガビという女の子です。

ガビはライナーと親戚関係でもあり、中東諸国との戦争では800人のエルディア人を救う見事な作戦を1人で実行し、ライナーも継承者はガビで決定的だと言っています。

f:id:panai2016:20170826114740j:image

(出典:進撃の巨人23巻より)

一方でライナーはファルコに「お前が鎧の巨人の継承者になってガビを救え」と裏で言っており、果たして誰が鎧の巨人を継承するのかも今後の注目どころではあります。

 

ライナーの過去

f:id:panai2016:20170826114753j:image

(出典:進撃の巨人23巻より)

ライナーの母はエルディア人、父はマーレ人でした。

しかし、エルディア人は過去の罪を償う必要があるためマーレ人の父とは一緒に暮らす事が出来ませんでした。

もちろん子どもも作ってはいけ

そのためライナーは3人で暮らすためにマーレ人になるため戦士を目指します。

しかし、同じアニやベルトルト、ガリアードと違って秀でた能力は無かったものの7人の戦士候補生に選ばれます。

そんなライナーが唯一優れていたのがマーレへの忠誠心です。

f:id:panai2016:20170826115117j:image

(出典:進撃の巨人23巻より)

ライナーは1番能力が劣っていたからこそ誰よりもマーレ人になる強い思いを持っていたのですね。

 

感想

にしても相変わらず難しい漫画です(笑)

頭の中で何となく理解していてもいざ言葉で説明しようとすると無理スギィー!

人類の技術が発展している事を今回の戦争で思い知ったマーレは、巨人の力だけではいずれ国が滅びると危機を感じて、ジークは一刻も早く始祖の巨人の力を手に入れるため、パラディ島(エレン達住んでいる島)作戦を実行する必要があると軍の上層部に提案します。

ただ始祖の巨人の力はエレンが所有しており、更にアルミンも超大型巨人の力を所持しているので強力過ぎますねw

新たな巨人も登場してこれで8つの巨人が判明しましたね。

あとさらっとユミルがガリアードに食われて死亡していた事も書かれてました(笑)

ユミルめっちゃええやつやんって思いましたけど。

また名誉マーレ人になるためのライナー達の幼少期のエピソードも描かれていました。

ライナーが落ちこぼれ的な存在だったのは意外でした。

 

最後に

f:id:panai2016:20170826114944j:image

(出典:進撃の巨人23巻より)

いかがでしたか?

この感じからするとエレン達VSジーク率いるマーレ軍の争いが見れそうなの私としてはかなり楽しみです。

24巻の発売は12月なのでそれまで楽しみにしたいですね。

ではでは

 

23巻が無料で読める!?

f:id:panai2016:20170521153614p:plain

動画配信サイトU-NEXTに登録すれば「進撃の巨人」最新刊(23巻)が無料で読めます。

こちらは動画配信サイトながら電子書籍も読めるサービスがあります。

U-NEXTでは初回登録の際にサイト内で利用出来る600円分のポイントが貰えます。

「進撃の巨人」23巻は400円で販売されてるのでポイントを利用すれば、無料で読めます。

また電子書籍だけでなく、約12万本の動画がある上に31日間の無料トライアルがあるので、期間中に解約すれば1円もかかる事無く見る事が出来ます。

気になる方は下記の公式サイトより確認してみてください。

 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です