FIFAワールドカップ出場国が32→48への拡大が決定!

f:id:panai2016:20170110232552j:plain

「イェ~イ!!!出場枠増えたぜ~~」

写真の人々はそんな事言ってるんですかね?

タイトルの通りワールドカップの出場国が現状の32から48に拡大する事が決まりました!・・・というか決まってしまいましたね。

2022年のカタール大会までは32カ国開催ですが、2026年からは48カ国による開催になります。

この話は、少し前からサッカーのニュースで聞いたり見たりしてたので、いつになるのかな?まだ当分先かな~と思ってたのですが早い段階で決まってしまい、嬉しいような〜悲しいような、なんとも言えない気持ちです。

今回は48カ国に増えた際の対戦形式や大陸の出場国枠数について簡単に書いています!

対戦形式は?

48チームに増える事で、1次リーグは1グループに3カ国の16グループに分けて、それを勝ち抜いた上位2チームの計32カ国が決勝トーナメントに進出する形になるみたいです。

これまでは、32カ国を1グループ4チームの8つに分けて、上位2チームが決勝トーナメントに進めてましたが、2026年以降は各グループ2カ国が決勝トーナメントに進めるので、チャンスが広がりそうです。

確率で単純に考えると50%だったのが66%に上がりますからね!

それゆえ、強豪国同士や弱小国同士が固まったり、グループ分けが決勝トーナメント進出に大きく左右されそうです。

1勝1敗や2分けで3チームが並んだりすると面白そうです!

「あれ?これ意外に楽しくなるんじゃね(笑)」

出場国枠数

以下になる予定です。

欧州(ヨーロッパ):13→16

アフリカ:5→9.5

アジア:4.5→8.5

南米:4.5→6.5

北中米・カリブ海:3.5→6.5

オセアニア:0.5のまま

これはあくまで予定なので恐らく変わったりすると思いますが、アジアの出場国枠は現状の4.5→8(?)に増える見込みで、日本にとっては最終予選が少しヌルい感じになるかもしれませんね。

ただ、今後のワールドカップでの成績次第では減る可能性もあります。

なんせ前回の2014年ブラジル大会の時は、アジア勢は1勝する事なく全チームグループリーグ敗退でしたからね(笑)

開催国枠が増えることで、アジアやアフリカは初出場国が増える一方、欧州や南米は強豪国がこぞって出場する可能性があり、大陸間での格差が顕著に表れそうな気がします。

「下手しいヨーロッパと南米がベスト16占めたりしないよな・・・」

FIFAは利益を優先

今回48チーム開催に踏み切ったのは、ワールドカップの大会主催者であるFIFA収益の増加が見込めるなどのメリットを訴えたのが大きな要因だと言われています。

確かに48カ国になると、その分試合数も増えて収益もより多く得られますからね。

ちなみに試合数は64から80に増えます。(多すぎ(笑)

日程ははこれまで通り1カ月でやるみたいですよ。

ただ48カ国に増やした事で、ワールドカップの価値が下がりそうな気がします。

これが1番懸念されそうな事ですよね。

なんせ32って多くなく、少なくちょうどいいチーム数だったのに。

ヨーロッパのクラブNo.1を決める大会であるチャンピオンズリーグや、その1つ下のカテゴリーにあたる大会のヨーロッパリーグも出場するのは32チームだけですからね。

「一瞬48カ国もいいなと思ったけど、なんだかんだでやっぱり32カ国がベストだな!

最後に

48カ国開催でどうなるのか、気になるところではありますが、私としては32カ国のままでずっと続けて欲しかったなと思います。

今まではグループリーグで敗退したとしても3試合出来たのが、2試合しか出来ず帰国する事になりますからね。

また、グループリーグ3試合目で決まるで2位争いのドキドキ感とか、見てて楽しいんですけど、残念です。

「うーん白紙にならないかな〜(笑)」

ここまでご覧になっていただきありがとうございます!

ではでは

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です