【ネタバレ&感想】懐かしのオレンジデイズを振り返ってみました!

これを見て懐かしと感じる人は多数いらっしゃるのではないでしょうか。

そうです!妻夫木聡と柴咲コウが主演していたドラマオレンジデイズです。

オレンジデイズのような大学生活を夢見て大学に入ったという方もいるのじゃないでしょうか?

オレンジデイズのようなリア充大学生活を送れている方おめでとうございます!!

勝ち組確定です(笑)

オレンジデイズのような生活が送れず、授業は1人、ご飯もトイレ飯という方はどんまい!

それがあなたの実力です(笑)

でも、社会に出ればそんなことは気にしなくなるので大丈夫です。

頑張って我慢しましょう!

そんな私も入学して1ヶ月で五月病にかかり、落ちぶれていきました。

ええ、幻想を打ち砕かれました。

ホント友達が出来なくて、1人で授業が行くのが嫌で嫌で仕方なかったです。

で、最終的に大学内で出来た友達は2人でした(笑)

元々友達が少なかった私にとってはその2人は今でも大切な友達と感じています!

それは置いといて実際、オレンジデイズのような大学生活を生活を送っている方はほとんどいないでしょう。(分かりませんが)

ですが・・・

 

まだ諦めるのは早いです!

というのもドラマの時間軸はちょうど大学4回になった頃から始まるので、まだ1〜3回生の方は挽回する可能性はありますのでもう一度オレンジデイズを観て、4回生だけでもリア充を味わいましょう!

そんな訳で今回はオレンジデイズの内容を簡単に振り返っていきましょう! 

 

【スポンサーリンク】

主要な登場人物・主題歌

まずは登場人物を見ていきましょう。

オレンジの会

  • 結城 櫂(妻夫木 聡)
  • 萩尾 沙絵(柴咲 コウ)
  • 相田 翔平(成宮 寛貴)
  • 小沢 茜(白石 美帆)
  • 矢嶋 啓太(瑛太)

ストーリーはこの5人を中心として進んでいきます。

他には

  • 萩尾 ゆり子(風吹 ジュン):沙絵の母親。
  • 高木 真帆(小西 真奈美):櫂の彼女。
  • 堺田教授(小日向 文世):櫂のゼミ教授。
  • 柿崎先輩(永井 大):沙絵が留学しているとき、オーケストラで一緒だった先輩。
  • 相田 あゆみ(上野 樹里):翔平の妹。
  • 佐伯 そよ子(山田 優):雑誌に載るモデル。翔平の彼女?セフレであるのは確実。
  • 藤井 ハルキ(沢村 一樹):沙絵の幼馴染的な存在。

 

など名の知られている方々が多く出演されています。

主題歌はミスチルの「sigh」です。

これ名曲ですよね!聞くたびにオレンジデイズがフラッシュバックします(笑)

 

前編:1話〜4話

1話

5人が出会うのは、まず翔平が大学内で沙絵を撮っていたところを沙絵に盗撮と言われ怒られたのがきっかけですね。

更にそこに茜が来て怒られてしまいます。

そこで翔平は啓太のために沙絵とデートの約束を取り付けますが、啓太は、彼女の耳が聞こえないと知ると、嘘をついて櫂にデートの代役を頼んじゃいます。

で、デート当日。

彼女に振り回されつつも櫂は、沙絵とのデートを楽しむのであった。

そしていろいろあって沙絵が櫂にキスをしちゃいます。

ここから始まるんですよね2人の恋愛が。うらやましいよ・・・

 

2話

でその後、真帆が沙絵の支援に協力するんですね。

そこで堺田教授の勧めもあって櫂も一緒に沙絵の支援に協力する事になります。

真帆は障害者の講演会への参加や、老人の音楽サークルに入って楽器を弾いたりするも、これが沙絵にとって逆効果になっちゃうんですよね。

それでも櫂は彼女の気持ちをしっかり聞き、受け止めてあげます。

ハイ、外見だけでなく中身もまじイケメンです!

真帆のやり方に対して否定的な意見を持ち、沙絵の肩を持つ櫂との間に溝が出来ていくんですよね~

 

3・4話

沙絵は櫂の勧めもあって大学の演奏サークルに入るんですが、沙絵の演奏が周りとずれていると知り、結局沙絵はサークルを辞めてしまいます。

で、たまたま大学内で沙絵と会った真帆は、彼女に喋ったらと進言します。

これが逆に沙絵を怒らしてしまいます。

茜に呼ばれて、過去に沙絵は喋って笑われたと聞きその事で櫂と真帆は喧嘩してしまいます。

真帆は櫂との距離が離れてていくのを感じ、相談も兼ねてゼミの同級生だった佐野くんとご飯に行きます。

そして彼の家に泊まってしまいます。

真帆は彼の家に泊まった事を話し、2人の交際はほぼ回復不可能な状態になります。

その事にショックを受けていた櫂の目の前に自転車に乗った沙絵が現れます。

そして櫂は沙絵に向けて携帯を投げるのであった。

この2人モノ投げすぎ(笑)

 

【スポンサーリンク】

中編:5話〜8話

5話・6話

『たった一人でいい。

私を愛して 私のことだけ考えてくれて。

死ぬ時は一緒に死んでくれて。

悲しい時は一緒に悲しんでくれて 一緒に泣いてくれて。

で、0.5秒私より先に笑ってくれて 励ましてくれる人が欲しい。』

5話では恐らく有名であろう、この沙絵のセリフシーンがあります。

オレンジデイズの中で私が1番好きなセリフです!

ここから続きです。

櫂はもう一度真帆と仲直りしようしますが、そこに佐野くんが現れます。

最後の握手をするも真帆からは「握手じゃないよ」と言われ2人は終了します。

その後、茜の就職祝いも兼ねてオレンジの会でキャンプに行く事になります。

キャンプの話をしている最中に櫂は1人抜け出します。

気になった沙絵も櫂を探しに行きます。

すると教室で泣いている櫂の姿が。

真帆と別れて落ち込む櫂の話をしっかり聞いてあげて、沙絵は櫂をそっと抱きしめるのであった。

ほんまええシーンや(笑)

キャンプではみんな楽しく盛り上がり、今までこんな事がなかった沙絵にとってはとても嬉しく、また櫂との距離も縮まります。

そして翔平と茜の距離も縮まります。

啓太は茜からいい人認定されます(笑)

そして啓太は茜にラブレターで告白するも振られちゃいます。

しかも茜から笑われます(笑)

かわいそすぎる・・・

その茜は翔平と徐々に距離が近づいていきます。

その頃、沙絵は今後の事について櫂にいろいろと相談します。

そこで聴覚を失った時の事や過去の辛かったことについていろいろ話します。

その結果、櫂の説得もあって沙絵は ピアノを弾くことにします。

沙絵はピアノのアルバイトに応募するが、耳が聞こえないという事で受け入れてくれる所がありませんでした。

そんな中1つだけ沙絵のピアノの演奏を聞いてくれる所があり、そこのピアノ試験に合格してホテルのレストランでピアノを弾く事になります。

そして櫂は沙絵のピアノを弾いている姿を見に行きますが、そこで突如現れたイケメンの男と沙絵はハグするのであった。

 

7話

櫂は茜からハグをしていた人物が、沙絵が留学していた時にオーケストラで一緒だった柿崎先輩であることを知る。

一方、茜に振られた啓太は食堂で茜と沙絵に会うも離れて席を座るのであった。

そこに翔平はが現れ、茜に俺たち付き合おうと言うのである。

その気まずい雰囲気を察して、啓太は茜と友達の握手をするのであった。

そしてみんなは拍手すると・・・

これはホント辛いですよね・・・仲良ければいいほど、後々気まずいですし。

しかも好きな人が、いっつもつるんでいる友達と付き合うって・・・俺だったらムリ(笑)

沙絵は柿崎先輩とデートをするんですが、櫂に「私が誰かを好きになってもいいの?」って言うんですよ。

それに対して櫂はっきりとは答えません。

沙絵は恐らく止めて欲しかったんですよね。

沙絵も素直じゃないから、このようなことを聞いたんだと思いますが。

そのデートで沙絵は柿崎から好きであると言われます。

そんな中、2回目のデートである事実を知ってしまいます。

柿崎はビジネスのために沙絵に近づいたのであった。

会社で成績が伸びず、リストラされかけていたため一発逆転のために沙絵を利用したのであった。

そして自分が好きであることもすべて嘘であったと知ってしまう。

沙絵は事実を知り落ち込み、その事を櫂にメールで送るのである。

最後に「会える?」と送り沙絵の携帯の電源は切れてしまう。

沙絵は大学に行き、そこに奇跡的に櫂がやってくるのであった。

沙絵は櫂の胸に飛び込み、櫂もしっかりと沙絵を抱きしめるのであった。

これ付き合ったようなもんでしょう(笑)

 

8話

櫂は沙絵に告白しようとしますが、沙絵の言葉をきっかけに喧嘩してしまいます。

そこで茜は櫂と沙絵を仲直りさせるため翔平に相談します。

その結果、2人ははめられてしまい仕方なく海に行く事となる。

この時、茜から沙絵は櫂から嫌われる事を怖がってしまい、つい思っている事とは真逆の事を言ってると聞きます。

2人はなんだかんだで海を楽しんでいると、沙絵は手話をしている時に周りから変な目で見られていると気づきます。

櫂は気にしないと言うが、沙絵は「櫂まで笑われるのは嫌だと」また言い合いをします。

沙絵はその場を去っていきますが、櫂は思いっきり声に出して「沙絵が好きだ~」と叫ぶ。

ええめちゃくちゃ周りから見られています(笑)

沙絵は再び戻って来て櫂を押し倒します。

そして、沙絵はさっきの言葉を言って欲しいと頼む。

そして櫂はもう一度「好きだ」と言うのであった。

やっと付き合った。長かったよ〜ホント(笑)

ちなみに濃厚なキスシーンもあります。

くそホントうらやましいな!!(笑)

そして、2人は夜を明かすのであった。

この回では翔平と茜もさらに仲良くなります。

喧嘩して二人とも指にひびが入るのですが、それによって翔平は茜の事をより一層好きになります。

↑なんやそれ(笑)

 

後編:9〜11話

9話

翌日沙絵が櫂の家から自転車で帰ろとするとなんでも無い所で壁にぶつかってしまう。

櫂はその異変に違和感を感じるのであった。

それでも櫂は出来るだけ沙絵と一緒にいて、1人では弱い僕たちは2人で強くなろうと決めたのであった。

母親からドイツの交響楽団に入ることが決まったことを聞き、沙絵も一緒に行かないかと誘われるのであった。

そんな中、沙絵は昔の幼馴染的な存在のハルキと再会するのであった。

ある日、母親とハルキから沙絵はピアノの全日本コンクールに参加を勧められるのであった。

沙絵は櫂に相談して参加することを決める。

一方、翔平はバイト先の先生からチベットに行く話を持ちかけられ、心が揺れます。

そしてコンクール当日、沙絵はピアノの演奏を途中で止めてしまいます。

その後、病院に行くと聴覚が以前よりも低下していると医者から診断されます。

このままでは聴力を失う可能性があると言われ、櫂は沙絵に手術を受ける事を勧めます。

沙絵が行方不明と茜から

沙絵の家にオレンジの会のみんなが集まります。

櫂が沙絵に手術受けるよう勧めたことを話すと沙絵の母親に怒られます。

そんな時病院から1本の電話が。

ちなみにこの回で翔平は茜とエイチしちゃうんですよね~。

翔平が妹と喧嘩した際に腹を立てて茜の家に行ってそのまま一発と(笑)

ホントうらやましい~

 

10話

病院に行くとそこには沙絵が。

沙絵は自転車に乗っている所、後ろからバイクに轢かれたが、幸いにも軽傷で済んだことで、みんなは一安心。

沙絵は、耳が聞こえなくなっていたことを黙っていたことを母親から怒られ、その際ドイツで手術を受けないかと勧められます。

その頃翔平はチベットに行くことを茜に相談する。

茜もその意思を受け入れてくれるのであった。

そして、翔平のチベット行きをお祝いするためオレンジの会で飲みに行く事になる。

その途中、5人は夕陽に向かって手話で、それぞれ未来の自分に向けて誓います。

このシーン結構良いなと思いました。まさに青春って感じで(笑)

そして沙絵はドイツに行くことを櫂に話します。

その時、沙絵は櫂に私たちは学生の恋でしかないと交際に対して終わりを告げられます。

沙絵は櫂にいろいろと言われるものの、最後にママが大事であると言うのであった。

大学を歩いていると櫂は真帆と偶然再会します。

そのまま、いろいろと話していると飲みに行くことになります。

帰りのタクシーを拾っていると櫂は真帆にからかわれてキスされます。

ここちょっとエロかったです、小西真奈美が(笑)

櫂は沙絵ともう一度話すために家に行くんですが、沙絵は結局出て来なかったですよ。

櫂はそこでママさんからドイツの事やハルキのことを聞きます。

櫂はその帰り際に真帆から連絡があり、いろいろあって真帆と再び飲む事になる。

その頃、沙絵は櫂が家にシャツを忘れていること気づきます。

そこには櫂が自分のためにこの前買ったCDの曲を絵で表現してくれた画用紙も置いており、それを見た沙絵は急いで櫂の家にシャツを届けに行きます。

が、家の前に着いた瞬間沙絵は2人が部屋から出てくる場面を見てしまう。

「そういう事だったのね。」と沙絵はシャツを家の前に残して帰るのであった。

次の日ラウンジに行くと沙絵が記念だと言ってオレンジノートを持ってドイツに出発したと聞きます。

そこで、啓太から渋谷までバスで行くと聞くと櫂は走り出します。

ここでミスチルの「sigh」が流れるんですがめちゃくちゃいいんですよね~!

そして沙絵を見つけるもバスは走り出します。

バスに乗った沙絵からは感謝に気持ちを手話で伝えられるも、そのままバスは行ってしまいます。

その後、沙絵から連絡はなかったのですが、忘れた頃に沙絵から手紙が届くのであった。

 

11話(最終話)

沙絵から届いた手紙の内容は

f:id:panai2016:20161127215549p:image

であった。

この真相を聞くために櫂は茜に会うことにする。

そこで茜から沙絵の手術は成功したと聞きます。

更に翔平も卒業のために日本へ帰ってきます。

で最終的に櫂、翔平、啓太の3人は無事卒業が確定します。

そのまま飲みに行き、酔った勢いで櫂は「ドイツに行って沙絵にプロポーズをする」と宣言します。

翌日指輪を探しに行きます。

すると、そこで日本に戻ってきていた沙絵と再会します。

櫂はそこで沙絵はハルキと結婚する事実を知ってしまう。

大学に卒業に関しての手続きをしに行った沙絵は偶然真帆と再会します。

そこで、櫂と真帆が2人でいた日の詳細を聞き、自分が誤解していたと分かります。

それを聞いた沙絵は急いで櫂のバイト先へ行きます。

しかし櫂から最もな事を言われてしまい、沙絵はキレながら帰るのであった。

櫂の試験合格祝いもかねて、啓太の家でオレンジの会で飲みます。

沙絵は居なかったのですが、そこで茜から沙絵が結婚を延期したことを聞きます。

櫂は試験に合格した後、堺田教授に報告に行きます。

そこで沙絵が櫂の試験の事を気にしていたと聞かされます。

その後沙絵の家を訪れるも、すでに沙絵はドイツに旅立った引っ越し業者から聞きます。

そして卒業式。

櫂は式を抜け出し、ラウンジに行くと沙絵が持っているはずのオレンジノートが置いてありました。

そこには櫂へのメッセージが書いてありました。

そして櫂はまた走り出します。

いや~走るの好きやな(笑) 

するとオレンジの木がある場所で沙絵と再開します。

あとは皆さんご存知の通りです。

そして「sigh」が流れエンディングです。

エンディングホント良いですよ!

最後は皆さんの目で確かめてください!!

~おわり~

f:id:panai2016:20161125182255p:image

 

U‐NEXTならオレンジデイズを見れる(登録も簡単です!)

f:id:panai2016:20170721131851p:plain

ドラマオレンジデイズは動画配信サービスU-NEXTで見る事が出来ます。

全11話なので、1日で見る事も可能です。

知らない方、登録しようか迷っている方のために特徴を簡単にまとめています。

月額 1990円(税抜き)
動画数 12万本
ジャンル数 16種類
無料期間 31日間
対応 PC・スマホ・タブレット・Amazon Fire TV
特徴 ジャンル数が豊富で動画本数もかなり多いが、月額料金が少し高いと感じるかもしれない。だがアダルト作品や電子書籍が読めるなど他のVODサイトに無い特典はある。更に毎月1日にサイト内で使える1200円分のポイントが貰える。

言葉によるあらすじだけじゃ満足できないという方は、実際にドラマを見て確認してみてください。

登録も簡単で、2,3分で出来るので興味ある方はどうぞ!

しかも初回登録に限り1カ月の無料トライアルもやっているので、期間内に解約すれば1円もかかる事無く見る事が出来る上に、サイト内で使える600円分のポイントが貰えます!

ドラマだけじゃなく、アニメや映画、そして他の動画配信サイトにはないアダルト動画など多数のジャンルに約12万本の動画が見れるので、気になった方は1度試してみてはいかがでしょうか。

 

最後に

すいません上手くまとめられず、長々と書いてしまいました。

いかかでしたか?

リア充になるの簡単でしょ?

大学でバイオリン弾いている女の子を見つければいいんです。

か・ん・た・ん!!

そんな事は置いといて、本当に何度観ても良いドラマです!

このドラマの平均視聴率は17,4%、最高視聴率は最終話の23,0%でした。

当時はまだテレビ全盛期だったのですが、今で考えると10%後半の視聴率は大ヒットドラマですね。

 

あーまじでもう1回大学生活やり直してぇ~(笑)

ホント大学1~3回生の方頑張ってください。応援しています!!

卒業された人は、オレンジデイズをもう1度見て、懐かしいの大学時代を振り返ってみるのもいいかと思います。

ではでは

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です